臥位

正しいヨガポーズ

セルフPNFストレッチ【ハッピーベイビーポーズ (アーナンダバラーサナ )】効果と正しいやり方【3D解剖学】

【ハッピーベイビーポーズ (アーナンダバラーサナ )】は、セルフPNFストレッチ効果で、股関節内転筋やハムストリングスをはじめ、股関節周囲をストレッチする効果があり、柔軟性を向上させて憧れの180度開脚を目指すためにも有効なヨガポーズです。 臥位で行うポーズのため負担も少なく、ストレス解消や疲労回復に効果的です。 リラックスしつつもターゲットとなる筋肉をしっかり意識することで、自分の体重を使って簡単にストレッチ効果を高めることができます。 ポーズの名前と英語 アナンダ...
正しいヨガポーズ

【バッタのポーズ (シャラバーサナ)】効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】

【バッタのポーズ (シャラバーサナ)】はうつ伏せから身体を弓のように反らす姿をバッタに例えたヨガポーズです。 首から脚まで背面筋肉全体を鍛えて背骨を整えるポーズで、ふくらはぎ、太もも裏、お尻の引き締めにも効果的です。 また胸を開き呼吸を深めて前向きな気持ちになれるポーズなので、3D動画で正しいやり方をマスターして効果的にポーズを楽しみましょう。 ポーズの名前と英語 「シャラバ」は、サンスクリット語で「バッタ」という意味があります。 バッタのポーズ Locust P...
正しいヨガポーズ

【橋のポーズ (ハーフブリッジ)】【大臀筋筋トレ】効果と正しいやり方【3D解剖学】

【橋のポーズ (ハーフブリッジ)】は、肩、首、後頭部は床につけたまま行うブリッジポーズです。 現代人の猫背になりがちな姿勢矯正効果、背骨周りの筋肉やインナーユニットに持続的な刺激が入ることによる体幹強化効果、頭が心臓より下になる逆転ポーズの効果、骨盤底筋群やお尻の筋肉を鍛えることによるヒップアップ(美尻&美脚)効果や生理不順など女性の悩みの解消効果などが期待できるポーズです。 普段意識しにくい身体の部位に刺激が入るため、解剖学構造を正しく理解してから丁寧にポーズを深めてい...
正しいヨガポーズ

【鋤のポーズ(ハラーサナ)】 効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】逆転のポーズ

【鋤のポーズ(ハラーサナ)】は肩から骨盤まで上半身を逆転させた前屈のポーズで、首から背中にかけての深いストレッチ効果、腹部内臓や甲状腺機能を高める効果、背骨や骨盤の調整効果が期待できます。 日常とは逆の方向へ重力がかかり、肩関節まわりの柔軟性がキーとなるポーズのため、十分にほぐれた身体でシャバーサナの前に組み込むのがオススメです。 肩や首回りに違和感を感じたり、足が床につかないなどポーズがうまくできない場合は、3D動画でポーズの正しい構造を確認して身体に負担をかけずにヨガ...
正しいヨガポーズ

【ブリッジポーズ(車輪のポーズ)】効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】

ヨガの【ブリッジポーズ(車輪のポーズ)】は、身体前面の筋肉を筋膜のつながりや機能的なつながりにそって全身バランスよくストレッチできるポーズなので、特に座り仕事で硬くコリがちな股関節や猫背で動きにくくなっている胸周りの柔軟性向上による猫背や姿勢改善に効果的です。 背面の筋肉や体幹のインナーマッスルも同時に筋トレできるポーズですが、普段意識しにくい方向への関節運動や姿勢保持が必要になるため、3D動画でポーズの解剖学を正しく理解して、自分の身体と相談しながら安全にポーズを深めて...
正しいヨガポーズ

【魚のポーズ (マツヤーサナ)】効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】

【魚のポーズ (マツヤーサナ)】は、仰向けで胸を押し上げるように背骨とデコルテラインをストレッチして胸と喉を気持ちよく開くヨガポーズで、背臥位で後屈をするブリッジポーズでは1番関節の負担が少ない初心者向けのポーズです。 猫背で凝り固まりがちな胸椎や胸郭まわりとデコルテ周りをストレッチするので、猫背を解消し背骨のラインを整える姿勢改善効果やフェイスラインをスッキリさせて顔色をよくする効果などがあります。 胸椎や胸郭周りの筋肉が硬い(柔軟性がない)場合や胸椎から動かすという意...
正しいヨガポーズ

【弓のポーズ(ダヌラーサナ)】効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】

【弓のポーズ(ダヌラーサナ)】は、身体全体で弓の形を作るように後屈することで筋膜のつながりにそって身体前面をストレッチして呼吸を深める効果があるヨガポーズ。 猫背姿勢で丸まりがちな背中のアライメントを整えつつ二の腕、背中、お尻などバックラインを引き締める効果もあり、心身をスッキリリセットできます。 背筋の筋力や胸椎の柔軟性がポイントになりますので、3D動画でポーズ解剖学を確認して首や腰を痛めないように正しく効果的にポーズを楽しみましょう。 【弓のポーズ(ダヌラーサナ)...
正しいヨガポーズ

【上向きの犬のポーズ(アップドッグ) 】効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】

上向きの犬のポーズ(アップドッグ)は、上を向いて犬が伸びをしているように胸を押し出して胸椎を伸展させながら身体の前面ストレッチと背筋強化ができるヨガポーズです。 太陽礼拝にも登場する腹臥位から背筋と腕の力を使って身体を起こしていく力強いポーズなので、筋肉の働きや関節を動きを3D動画で確認して、正しいやり方で効果的にポーズを楽しみましょう。 ポーズの名前と英語 ウールドヴァ(ウルドヴァ)は「上」、ムカは「向く」、シュバーナは「犬」という意味のサンスクリット語で、日本語名...
正しいヨガポーズ

【コブラのポーズ (ブジャンガーサナ )】効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】

【コブラのポーズ】は、うつ伏せから身体を反らせる後屈のポーズのひとつで、猫背解消や姿勢改善に効果的です。 後屈のポーズの基本的な身体の使い方を学ぶ最適なポーズでもあるので、胸椎を中心に背骨周りの構造や筋肉の使い方をマスターして、他の応用ポーズやより難易度の高いポーズへつなげていきましょう。 ポーズの名前と英語 うつ伏せから身体を反らせる姿勢を大蛇(ブジャンガ)に喩えて名前がついたヨガポーズです。 コブラのポーズ Cobra Pose ブジャンガーサナ Bhujan...
正しいヨガポーズ

【スフィンクスのポーズ (軽減したコブラのポーズ)】 効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】初心者向け後屈のポーズ

スフィンクスのポーズ (軽減したコブラのポーズ)は、後屈のポーズの中でも最も負担が少ない初心者や身体の硬い人がまず挑戦したいヨガポーズです。 背骨周りが硬い人や猫背が定着して胸を開く感覚がよくわからない人は、まずはスフィンクスのポーズから始めて、慣れてきたらより身体の動きが大きくなる後屈ポーズに挑戦してみましょう。 ポーズの名前と英語 スフィンクスのポーズ (サーランバ・ブジャンガアーサナ )は、大蛇を意味する「ブジャンガ」と支えるを意味する「サーランバ」が名前の由来と...
タイトルとURLをコピーしました