表情筋

表情筋記事一覧

  1. 【表情筋(顔の筋肉)種類まとめ】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学

    【表情筋】(表情を作る顔の筋肉)は20種類以上あり、顔の印象は表情筋の使い方やコンディション(柔軟性や筋力)で大きく変わります。

  2. 【後頭筋】眼精疲労や頭のコリをリフレッシュする方法【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】

    【後頭筋】は、頭部後面にある筋肉で、筋膜を介して表情や目を閉じる運動などに作用します。【後頭筋】機能が低下すると目を閉じにくくなったり、逆に過緊張状態が続くと頭痛や歯痛、目尻のシワ増加、眼精疲労につながる場合があります。

  3. 【前頭筋】おでこのシワをほぐすマッサージのやり方【表情筋イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

    【前頭筋】は、眉毛を挙上しておでこに横皺を作る筋肉で、考え事や心配事が多かったり、パソコン作業やスマホの長時間使用で緊張して硬直しやすい傾向があります。

  4. 【帽状腱膜】ケアで頭皮・髪・顔のトラブル解消【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】

    【帽状腱膜】は、人体最上部にある筋膜で、頭頂部から後頭部にかけて帽子のように頭蓋骨を覆っています。頭部の筋肉である前頭筋・後頭筋・側頭筋と直接的につながり、足裏から背面を通る背面筋肉のつながり(SBL)の上端でもあります。

  5. 【頭蓋】頭蓋骨(頭と顔を作る骨)構造がイラスト図解でわかりやすい骨解剖学

    頭と顔を構成する人体で一番上にある骨構造である【頭蓋】と頭蓋を構成する【頭蓋骨】ついてイラスト図解付きでわかりやすく解説しています。【頭蓋】は、ひとつの骨ではなく、15種類(23個)の【頭蓋骨】で構成されています。

  6. 【下唇下制筋】表情筋の鍛え方とマッサージ【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

    【下唇下制筋】は、下唇を引き下げて下の歯や歯茎が見えるような口の開け方に作用する表情筋です。【下唇下制筋】の解剖学構造についてイラスト図解を用いてわかりやすく解説しています。

  7. 【口角下制筋】表情筋の鍛え方とマッサージ【表情筋イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

    【口角下制筋】は口角を下方にひく作用があり、いわゆる『への字口』を作る時に働きます。【口角下制筋】の解剖学構造についてイラスト図解を用いてわかりやすく解説しています。

  8. 【オトガイ筋】鍛えるトレーニングとほぐすマッサージ【表情筋イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

    【オトガイ筋】はオトガイ部にある表情筋で、下唇を反り返したり、突き出す作用があります。【オトガイ筋】の解剖学構造についてイラスト図解を用いてわかりやすく解説しています。

  9. 【鼻筋】鼻筋を通すマッサージ【表情筋イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

    【鼻筋】は鼻背と鼻翼の形状やシワに作用する筋肉で、表情筋としてはもちろん、吸息時にも重要な働きをします。【鼻筋】の解剖学構造についてイラスト図解を用いてわかりやすく解説しています。

  10. 【鼻根筋】表情筋の鍛え方とマッサージ【表情筋イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

    【鼻根筋】は鼻の上から眉間に向かって走行している筋肉で、眉間に横シワを作る作用があります。【鼻根筋】の解剖学構造についてイラスト図解を用いてわかりやすく解説しています。

  11. 【皺眉筋】表情筋の鍛え方とマッサージ【表情筋イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

    【皺眉筋】は、眉を内側(鼻側)下方向に押し下げて眉間に縦シワを作用がある表情筋です。【皺眉筋】の解剖学構造についてイラスト図解を用いてわかりやすく解説しています。

  12. 【眼輪筋】鍛えるトレーニングとマッサージ【表情筋イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

    【眼輪筋】は左右の眼窩をそれぞれ円盤状に囲むドーナツ状の表情筋でまぶたを閉じる作用があり、頬や眉の筋肉、側頭部の筋肉ともつながっていて、目尻のシワを作る筋肉でもあります。

  13. 【口輪筋】鍛えるトレーニングとマッサージ【表情筋イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

    【口輪筋】は口の周りをドーナツ状に囲む表情筋で、表情筋のハブとして口や唇の動きで様々な感情を表現したり、食べる、発声、呼吸などの口を含む動作に関与します。【口輪筋】の解剖学構造についてイラスト図解を用いてわかりやすく解説しています。

  14. 【口角挙筋】鍛えるトレーニングとコリをほぐすマッサージ【表情筋イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

    【口角挙筋】は口角を引き上げる作用のある表情筋で、笑顔を作る時によく働きます。【口角挙筋】の解剖学構造についてイラスト図解を用いてわかりやすく解説しています。

  15. 【上唇鼻翼挙筋】鍛えるトレーニングとコリをほぐすマッサージ【表情筋イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

    【上唇鼻翼挙筋】は鼻の脇にある筋肉で、上唇を引き上げて裏返す作用があります。【上唇鼻翼挙筋】の解剖学構造についてイラスト図解を用いてわかりやすく解説しています。

  16. 【上唇挙筋】鍛えるトレーニングとコリをほぐすマッサージ【表情筋イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

    【上唇挙筋】は頬の真ん中あたりにある表情筋で、上唇を持ち上げて上顎の歯を露出させる作用があります。【上唇挙筋】の解剖学構造についてイラスト図解(表情筋イラスト)を用いてわかりやすく解説しています。

  17. 【小頬骨筋】鍛えるトレーニングとマッサージ【表情筋イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

    【小頬骨筋】は、「大頬骨筋」の前内側で頬骨から上唇に向かって走行し、「上唇鼻翼挙筋」や「上唇挙筋」と共に唇に直接作用する表情筋です。【小頬骨筋】の解剖学構造についてイラスト図解を用いてわかりやすく解説しています。

  18. 【笑筋】鍛えるトレーニングとマッサージ【表情筋イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

    【笑筋】は口を横方向に引いて横長する働きがあり、笑顔を作る表情筋のひとつです。【笑筋】の解剖学構造についてイラスト図解を用いてわかりやすく解説しています。

  19. 【頬筋】鍛える筋トレとマッサージ【表情筋イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

    【頬筋】は頬の主要構成要素として頬のハリを作っている表情筋で、咀嚼中に頬を保護しつつ食塊を口腔中央に集めたり、トランペットなどを吹いたりする時に頬を凹ませて空気を押し出す作用があります。

  20. 【大頬骨筋】鍛えるトレーニングとほぐすマッサージ【表情筋イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

    【大頬骨筋】は、口角を上外側に引き上げて「笑顔」を作る作用がメイン表情筋です。【大頬骨筋】の解剖学構造についてイラスト図解を用いてわかりやすく解説しています。

  21. 【広頚筋】きれいなデコルテを作るストレッチと筋トレ【表情筋イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

    【広頚筋】は頚部前表面を広範囲に覆うように皮膚直下にある膜状の筋肉で、首元、デコルテ、口元のハリを保つために重要な役割があります。

おすすめカテゴリー記事