逆転

正しいヨガポーズ

立位の開脚前屈【ピラミッドポーズ (プラサーリタパードゥッターナーサナ)効果と正しいやり方【3D解剖学】

ピラミッドのポーズ (立位の開脚前屈)は、立位で開脚前屈を行うヨガポーズです。 股関節柔軟性向上と背面ストレッチ効果の高い開脚前屈を立位で行うため、上半身の逆転効果と姿勢を維持するための筋トレ効果が相乗されます。 立位の開脚前屈【ピラミッドポーズ (プラサーリタパードゥッターナーサナ)】を効果的に正しく実践するコツを3D動画を使ってわかりやすく解説しています。 ポーズの名前と英語 サンスクリット語で、プラサリータ(プラサーリタ)は「開く」、 パーダは「脚」、 ウッター...
正しいヨガポーズ

【橋のポーズ (ハーフブリッジ)】【大臀筋筋トレ】効果と正しいやり方【3D解剖学】

【橋のポーズ (ハーフブリッジ)】は、肩、首、後頭部は床につけたまま行うブリッジポーズです。 現代人の猫背になりがちな姿勢矯正効果、背骨周りの筋肉やインナーユニットに持続的な刺激が入ることによる体幹強化効果、頭が心臓より下になる逆転ポーズの効果、骨盤底筋群やお尻の筋肉を鍛えることによるヒップアップ(美尻&美脚)効果や生理不順など女性の悩みの解消効果などが期待できるポーズです。 普段意識しにくい身体の部位に刺激が入るため、解剖学構造を正しく理解してから丁寧にポーズを深めてい...
正しいヨガポーズ

【鋤のポーズ(ハラーサナ)】 効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】逆転のポーズ

【鋤のポーズ(ハラーサナ)】は肩から骨盤まで上半身を逆転させた前屈のポーズで、首から背中にかけての深いストレッチ効果、腹部内臓や甲状腺機能を高める効果、背骨や骨盤の調整効果が期待できます。 日常とは逆の方向へ重力がかかり、肩関節まわりの柔軟性がキーとなるポーズのため、十分にほぐれた身体でシャバーサナの前に組み込むのがオススメです。 肩や首回りに違和感を感じたり、足が床につかないなどポーズがうまくできない場合は、3D動画でポーズの正しい構造を確認して身体に負担をかけずにヨガ...
正しいヨガポーズ

【シルシャーサナ(頭立ちのポーズ)】効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】

【シルシャーサナ(頭立ちのポーズ)】は、立位を重力に対して逆転させて頭頂部と前腕のみで全身を支えるヨガポーズ。 「アーサナの王(キング)」と呼ばれて、ヨガを象徴するポーズとしても有名ですが、頭の先から爪先まで一直線に逆転させる逆立ちポーズなので、強い体幹と腕の筋力、重心バランスをとるための深部感覚が重要になる難易度が高いポーズです。 首に負担をかけずに憧れのヨガポーズをマスターするために、ヨガポーズ解剖学の十分な理解と必要な筋トレや柔軟体操などの準備をしてから取り組みまし...
正しいヨガポーズ

【肩立ちのポーズ(ショルダースタンド)】効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】

ヨガの女王とも呼ばれる【肩立ちのポーズ(ショルダースタンド)】は、肩で全身を支える逆転立位ポーズなので立位とは異なる姿勢保持システムが作用し、重力や不良姿勢の影響をリセットする効果があるため、全身の血流や機能を促進して様々な美容、健康効果が期待できます。 逆転の状態で全身バランスをとるために、自分の身体の中心と手足の位置を明確に認識すること(固有受容感覚)が必要ですが、身体感覚を研ぎ澄ませて自分の身体の深部感覚を鍛える効果もあります。 ポーズの名前と英語 「Slamba...
正しいヨガポーズ

【ブリッジポーズ(車輪のポーズ)】効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】

ヨガの【ブリッジポーズ(車輪のポーズ)】は、身体前面の筋肉を筋膜のつながりや機能的なつながりにそって全身バランスよくストレッチできるポーズなので、特に座り仕事で硬くコリがちな股関節や猫背で動きにくくなっている胸周りの柔軟性向上による猫背や姿勢改善に効果的です。 背面の筋肉や体幹のインナーマッスルも同時に筋トレできるポーズですが、普段意識しにくい方向への関節運動や姿勢保持が必要になるため、3D動画でポーズの解剖学を正しく理解して、自分の身体と相談しながら安全にポーズを深めて...
正しいヨガポーズ

膝立ちブリッジ【ラクダのポーズ(ウシュトラーサナ)】 効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】

【ラクダのポーズ(ウシュトラーサナ)】は膝立ちから背骨を後屈させて身体前面をストレッチするブリッジポーズで、胸椎から背骨全体が後屈することで胸が開いて猫背の改善やバストアップに効果的なヨガポーズです。 股関節、ふともも、お腹(体幹)、背骨周りの筋肉を収縮させて土台を安定させることが重要で、足先からデコルテ(喉)までの筋肉のつながりを意識することで、ポーズの効果を最大限実感できます。 【ラクダのポーズ(ウシュトラーサナ)】を3D動画やイラストをつかってわかりやすく解説してい...
正しいヨガポーズ

【魚のポーズ (マツヤーサナ)】効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】

【魚のポーズ (マツヤーサナ)】は、仰向けで胸を押し上げるように背骨とデコルテラインをストレッチして胸と喉を気持ちよく開くヨガポーズで、背臥位で後屈をするブリッジポーズでは1番関節の負担が少ない初心者向けのポーズです。 猫背で凝り固まりがちな胸椎や胸郭まわりとデコルテ周りをストレッチするので、猫背を解消し背骨のラインを整える姿勢改善効果やフェイスラインをスッキリさせて顔色をよくする効果などがあります。 胸椎や胸郭周りの筋肉が硬い(柔軟性がない)場合や胸椎から動かすという意...
正しいヨガポーズ

【パピーポーズ(伸びをする子犬のポーズ)】効果と正しいやり方【3D解剖学】

【パピーポーズ(伸びをする子犬のポーズ)】は、肩や背骨(胸椎)周りの筋肉を気持ちよくストレッチし、パソコン作業やスマホなどで凝り固まった上半身を優しく癒せるヨガポーズ。 胸椎と肩周りがしっかりと気持ちよくストレッチできることで呼吸も深まり、心身のリフレッシュ効果も期待できます。 【パピーポーズ(伸びをする子犬のポーズ)】の効果的で正しいやり方がわかりやすいように3D動画を使って解説しています。 ポーズの名前と英語 ウッターナは「伸びた」、シショは「子犬」という意味のサ...
正しいヨガポーズ

ダウンドッグ【下向き犬のポーズ (アドムカシュヴァナーサナ)】効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

【下向き犬のポーズ(アドムカシュヴァナーサナ)】は、ダウンドッグという名前でも親しまれている犬が伸びをしている姿を模したヨガポーズ。 ソフトな逆転のポーズ効果と筋膜のつながりに沿った背面ストレッチ効果で、心身のバランスを整える効果が高く、太陽礼拝にも含まれますし、「休憩のポーズ」として頻回に利用されます。 ポーズの名前と英語 サンスクリット語で、アドは「下」、ムカは「向く」、シュバーナは「犬」という意味で犬が下を向いて伸びをしているようなイメージのヨガポーズです。 ...
正しいストレッチ

立位体前屈ストレッチ【深い前屈のポーズ (ウッターナーサナ)】 効果と正しいやり方【3D解剖学】

【深い前屈のポーズ (ウッターナーサナ)】とは、立位で股関節から身体を折り曲げるように体前屈するポーズで、【立位体前屈】という柔軟性を図る評価姿勢としてもよく使われています。 立位で体を前屈する立位体前屈は、頭の先から足裏まで筋膜でつながっている背面の筋肉をストレッチする効果、内臓や頭を逆転することで背骨や骨盤内のつまりを解消して内臓機能を整えて婦人科系の問題の緩和したり、疲れやすい脳、目、頭皮への血流を改善させるので、脳疲れや眼精疲労のリフレッシュ効果、薄毛や白髪の予防...
タイトルとURLをコピーしました