【ストレッチ】を正しく効果的に実践する方法をわかりやすく解説しています。

「ストレッチ」は、短縮したり硬い状態になってしまたりして柔軟性の低下した筋肉の柔軟性向上と(関節)可動域拡大(身体を柔らかくする)を目的にした運動メニューのことです。

筋肉の解剖学構造と関節可動域を意識して、目的に合わせた安全で効果的なストレッチを実践しましょう。

正しいストレッチ

憧れの【180°開脚】を目指す!柔軟性を高めるストレッチの正しいやり方

身体の柔らかさを象徴する【開脚】は、身体が柔らかくなりたいとトレーニングやエクササイズに励む誰もが憧れて目指したいポーズです。 でも、【開脚】ができることとあなたが望む柔軟性やボディスタイルを獲得することは必ずしもイコールではなく、最適な柔軟性強化のためのポーズでもありません。 【開脚】とはどんな能力が必要なポーズで、どうすれば【開脚】ができるようになるのかについてわかりやすく解説します。 【開脚】って本当にすごいの? 脚を前後または左右に18...
正しいストレッチ

正しい【ストレッチ】とは?ストレッチの種類と効果の出るやり方

【ストレッチ】は、運動のウォーミングアップやクールダウン、柔軟性を高めるための手段として取り入れられることが多いですが、目的を達成するために効果的な「ストレッチ」の種類を選んで正しいやり方で実践できていますか? 【ストレッチ】を効果的に取り入れると、柔軟性向上だけでなく様々な効果が期待できますが、間違った方法や手段を選んでしまうと怪我や関節の問題を引き起こすリスクもあります。 正しく効果的に【ストレッチ】を実践できるように、【ストレッチ】の基礎知識と正しい...
正しいストレッチ

【ウォーミングアップ】と【クールダウン】の正しいやり方

スポーツ、運動、エクササイズを始める前には【ウォーミングアップ】、終わった後には【クールダウン】をしますが、正しいやり方や目的を理解していますか? 正しいストレッチ方法と正しいタイミングで取り入れていますか? 怪我や筋肉痛を予防して、運動効果を最大限に高める正しい【ウォーミングアップ】と【クールダウン】のやり方について整理してまとめました。 正しい【ウォーミングアップ】とは? 【ウォーミングアップ】とは、文字通り身体を温める(warm-up)こ...
正しいストレッチ

「筋トレ」「ストレッチ」「マッサージ」の違いと効果的な正しいやり方

「ヨガ」「ピラティス」「フィットネス」「有酸素運動」「ラジオ体操」「筋トレ」「痩せるダンス」など何か運動を始めようと思った時にはいろんなエクササイズ方法があります。 更に、運動の前後には「ストレッチ」や「マッサージ」が推奨さています。 それぞれのエクササイズにはどんな目的や効果があり、どんな違いがあるのかを知れば、正しく効果的に実践する方法や自分にあったエクササイズの選び方がかわるようになります。 全てのエクササイズ、運動、体操の共通点 「ヨガ...
姿勢の解剖学

【柔軟性とは?】身体を柔らかくするために重要なこと

「身体が柔らかい」くなりたいとストレッチやヨガに励む人はたくさんいますが、そもそも身体が柔らかさ(柔軟性)とは何か理解して自分に適した効果的なエクササイズができている人はあまりいません。 「身体が硬い」人と「身体が柔らかい」人の身体にはどんな違いがあるのかを、イラスト図解を用いて解剖学と運動学の観点からわかりやすく解説しています。 「柔軟性」を正しく理解することで、自分の身体の柔軟性を効果的に高める方法がわかるようになります。 【柔軟性】とは?柔...
姿勢の解剖学

その【背伸び】では肩こり・腰痛が悪化する?【正しいストレッチ】とは?

現代人のほぼ全員が悩んでいる【肩こりと腰痛】 前屈みで長時間パソコンに向かう姿勢 長時間スマートフォンを使って下を向いている姿勢 慢性的な運動不足... これらの習慣が肩こりや腰痛が現代病となる大きな要因となっているのは、良く知られていますが、その本質、正しいメカニズムを理解している人はあまりいません。 人間の背骨の構造は誰でも同じ。背骨の本来の動きとは異なる動きを理解することで、普段何気なくしている【背伸び】を効果的に行うことができます。 事実、良かれと思っ...
正しいストレッチ

立位体前屈ストレッチ【深い前屈のポーズ (ウッターナーサナ)】 効果と正しいやり方【3D解剖学】

【深い前屈のポーズ (ウッターナーサナ)】とは、立位で股関節から身体を折り曲げるように体前屈するポーズで、【立位体前屈】という柔軟性を図る評価姿勢としてもよく使われています。 立位で体を前屈する立位体前屈は、頭の先から足裏まで筋膜でつながっている背面の筋肉をストレッチする効果、内臓や頭を逆転することで背骨や骨盤内のつまりを解消して内臓機能を整えて婦人科系の問題の緩和したり、疲れやすい脳、目、頭皮への血流を改善させるので、脳疲れや眼精疲労のリフレッシュ効果、薄毛や白髪の予防...
正しいストレッチ

背面を伸ばす前屈のポーズ(パスチモッターナーサナ)【長座体前屈ストレッチ】効果と正しいやり方

【背面を伸ばす前屈のポーズ(パスチモッターナーサナ)】は、両脚と背筋を伸ばして座った姿勢(長坐位)で股関節から身体を半分に折るように前屈するポーズ(長座体前屈ストレッチ)です。 筋膜でひとつのラインになっている頭(顔)〜背中〜脚の裏側全体をストレッチすることで柔軟性向上効果、前屈姿勢で腹部内臓機能を整え消化機能を高める効果、頭の位置を下げることによる目や頭の疲労回復(リフレッシュ効果)や頭皮の血流改善効果(薄毛や白髪対策)などが期待できます。 背面ストレッチの基本ポーズな...
正しいストレッチ

長坐位・杖のポーズ(ダンダ・アーサナ)効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

杖のポーズ(ダンダ・アーサナ)は、両脚を伸ばして体幹と下肢でL字になる坐位姿勢で、関節への負担が少なく姿勢を整えたり体幹を鍛える効果が期待できます。 長坐位として知られる基本坐法のひとつでもあり、体幹の強さや下半身筋肉の柔軟性のバロメーターにもなります。 ポーズの名称 長坐位・杖のポーズ(Staff Pose) ダンダ・アーサナ( Dandasana) 期待できる効果 背骨のラインを整える 体幹強化 骨盤調整 脚の裏側のストレッチ 3D...
正しいストレッチ

片足前屈のポーズ(ジャーヌシルシャーサナ) 背面ストレッチ【やり方と効果がよくわかる3D解剖学】

片足前屈のポーズ(ジャーヌシルシャーサナ)は、片脚をあぐらに(股関節外旋+膝屈曲)してから前屈することで背面(脚の裏側・背中・お尻まわり)を伸ばして深くストレッチできるヨガポーズです。 筋膜で一つのラインにつながっている背面筋肉のストレッチ効果、腹部の刺激よる内臓活性効果、頭の位置を下げることによる脳や目のリフレッシュや白髪対策効果などが期待できます。 ヨガポーズの正しいやり方と効果について3D動画を使ってわかりやすく解説しています。 ポーズの名前と英語 サンスクリッ...
正しいストレッチ

理想のくびれを作る正しい腹部ツイスト!【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

ウェストのくびれが欲しいなら絶対にマスターしたいツイスト(上半身ねじり・体幹回旋) 背骨の解剖学構造を正しく理解して、効果的にウエストシェイプや全身機能改善などツイスト効果を120%楽しみましょう。 ツイスト(上半身ねじり・体幹回旋)の効果 ウェストシェイプ効果も全身のストレッチ効果も高いツイスト(上半身ねじり・体幹回旋) ツイストは体幹(上半身)をねじる(回旋する)姿勢を作ることで、以下のような効果が期待できます。 全身のストレッチ効果 全身の循環...
正しいストレッチ

【ツイスト】バラドヴァージャアーサナ I(Bharadvaja’s Twist)【ヨガの3D解剖学】

バラドヴァージャアーサナIは、代表的なツイストポーズのひとつで、背骨のしなやかな動きを促しつつ腹部マッサージ効果もあり、全身の血流改善や内臓機能改善など様々な健康・美容効果が期待できます。 背骨や筋肉解剖学的構造を理解しつつ、ひとつひとつの椎間を開くようにすると回旋を深めやすく、低下していた身体の機能が蘇ってくるのを感じられます。 胸の開きを十分に感じられると開放感があり、リフレッシュ効果も高められ、精神安定効果もあります。 期待できる効果 血液循環の改善 内臓...
タイトルとURLをコピーしました