3Dストレッチ解剖学

3Dストレッチ解剖学

理想のくびれを作る正しい腹部ツイスト!【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

ウェストのくびれが欲しいなら絶対にマスターしたいツイスト(上半身ねじり・体幹回旋) 背骨の解剖学構造を正しく理解して、効果的にウエストシェイプや全身機能改善などツイスト効果を120%楽しみましょう。 ツイスト(上半身ねじり・体幹...
3Dストレッチ解剖学

ハッピー・ベイビーポーズ (アーナンダ・バラ・アーサナ)効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

ハッピー・ベイビーポーズ (アーナンダ・バラ・アーサナ )は、セルフPNF効果で、股関節内転筋やハムストリングスをはじめ、股関節周囲をストレッチする効果があり、憧れの180度開脚を目指すためにも有効なポーズ。 ストレス解消や疲労回復に効...
3Dストレッチ解剖学

背面を伸ばすポーズ・長座前屈(パスチモッターナ・アーサナ)効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

両脚を伸ばして座った姿勢から骨盤から身体を半分に折るように前屈して、背面全体(背骨周りや脚の裏側)を伸ばすポーズ。 筋膜でひとつのラインになっている頭(顔)〜背中〜脚の裏側全体をリフレッシュさせて柔軟性を高めたり、内臓機能を整え消化機能...
3Dストレッチ解剖学

ピラミッドポーズ / 開脚前屈(プラサーリタ・パードゥッターナ・アーサナ)効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

ピラミッドのポーズ (Wide-Legged Forward Bend)は、立位開脚で前屈ストレッチを行うため、頭の位置が心臓より下になり背面の伸びをしっかり感じられるので、逆転のポーズに類似する高い健康効果を負担少なく実感できます。 ...
3Dストレッチ解剖学

立位体前屈ストレッチ・ 深い前屈のポーズ (ウッターナーサナ) 効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

立位体前屈は、柔軟性を測るためのポーズやストレッチとしてもよく使われる姿勢ですが、ターゲットマッスルや解剖学的構造(筋膜のつながり)を意識することで膝を曲げると身体を前屈しやすくなる理由もわかり、各自の状態に合わせて効果を最大化するポジ...
3Dストレッチ解剖学

片足前屈ストレッチ(ジャーヌシルシャーサナ) 効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

片足前屈ストレッチ(ジャーヌシルシャーサナ) は、片脚をあぐらに(股関節外旋)して前屈することで背面(脚の裏側・背中・お尻まわり)を伸ばすポーズ。 筋膜で一つのラインにつながっている背面全体のストレッチ効果や腹部の刺激よる内臓活性効果が...
3Dストレッチ解剖学

【ツイスト】バラドヴァージャアーサナ I(Bharadvaja’s Twist)【ヨガの3D解剖学】

バラドヴァージャアーサナIは、代表的なツイストポーズのひとつで、背骨のしなやかな動きを促しつつ腹部マッサージ効果もあり、全身の血流改善や内臓機能改善など様々な健康・美容効果が期待できます。 背骨や筋肉解剖学的構造を理解しつつ、ひとつひと...
3Dストレッチ解剖学

【ブリッジ】〜猫背解消ストレッチ& 美尻筋トレ〜呼吸を深め高い全身リフレッシュ効果

【ブリッジ】は、特に胸郭を広げて呼吸も深くなるので、現代人の猫背になりがちな姿勢矯正に最適なポーズ。 背骨周りの筋肉やインナーユニットに持続的な刺激が入り体幹を強化し、頭が心臓より下になるポーズなのでリフレッシュにも最適! 骨盤底筋群や...
3Dストレッチ解剖学

その【背伸び】では肩こり・腰痛が悪化する?【正しいストレッチ】とは?

現代人のほぼ全員が悩んでいる【肩こりと腰痛】 前屈みで長時間パソコンに向かう姿勢 長時間スマートフォンを使って下を向いている姿勢 慢性的な運動不足... これらの習慣が肩こりや腰痛が現代病となる大きな要因となっているのは、良く知...
タイトルとURLをコピーしました