筋トレの科学

筋トレの科学記事一覧

  1. 腹筋の解剖学 ロールアップ

    筋力を鍛える筋トレの代名詞といえば「腹筋」ですが....腹筋を鍛えることがどういうことか医学的に理解をしているかどうか...これは、出したい結果が出せるかどうかに直結します。

  2. 人間は地球上で最も特殊な動物?

    人間の特徴を解剖学的に見てみると....?人間は脊椎動物の中でも、二本足歩行を獲得することで文化的な活動ができるようになり、今日まで発展してきました。

  3. 若さを保つ秘訣は筋肉 正しい筋肉の鍛え方

    筋力維持が若さと健康を保つためのキーポイントだって気がついていますか?年齢を重ねても若々しくみえると人といわゆる"年齢相応"に見える人。この違いを作るキーポイントは"筋肉”です。

  4. 神経線維の種類 ~遠心性繊維と求心性繊維の違い~

    人体の連絡網「神経」の種類について説明できますか?感じることも、運動も、人間として日常を豊かに生きるためには神経の働きが不可欠ですが、その神経の種類について説明できますか?神経線維の種類、および、遠心性繊維と求心性繊維の違いについて...

  5. 神経繊維を太くする = パフォーマンスの向上

    パフォーマンスが向上するには身体の中でどのような変化が起こっているか知っていますか?同じことを他の人よりも短時間で効率よく、確実に行える人は、「パフォーマンス」の高い人ですが、パフォーマンスの高い人の身体の中では一体何が起こっているので...

  6. 加圧トレーニングの効果と原理 マインドフルネスやメディテーションにも通じる理論

    加圧トレーニングが芸能人に人気の理由を知っていますか?加圧トレーニングは、短時間で絶大な効果が出ると芸能人やスポーツ選手に人気ですが、加圧トレーニングの原理と効果について理論的に説明できますか?その原理として、最近注目されている...

  7. 野球選手の「お尻が大きい」理由 

    プロ野球選手を目前にして改めて実感したこととあるプロ野球球団のキャンプのお手伝いをしたことがあるのですが、その際に改めて実感したことがあります。

  8. 筋肉の収縮と弛緩 筋肉が働く仕組みに関する2つの勘違い

    動きを作る筋肉の働き私たちが、何かをしようと思ったとき、スムースに身体や手足が目的の方向へ動いてくれるのは、目指す動作において、全身の筋肉が、協力しあって適切な働きをしてくれるからです。

  9. 低体温(平熱36℃以下)は病気。体温を上げるキーポイントは筋肉

    体温を上げるとほとんどの体調不良が改善する体温というのは、健康を示すバロメーターとしてとてもわかりやすい指標です。

  10. 美くびれ腹筋には運動よりもロングブレス?呼吸を変えて目指すシックパック

    美しい腹筋を作るために腹筋運動を毎日するより効果のある方法A4腹筋、シックスパック、美しい腹筋は、男性はもちろん女性にとっても美の象徴として注目されるようになってきていますね。

  11. 歳をとると筋肉痛になるのが遅くなるのは嘘?

    筋肉痛が翌日以降に来るのは老化の証拠?久しぶりに運動をした時、すぐに筋肉痛になる場合と3日後くらいに筋肉痛になる場合があります。

  12. 筋トレ=脳トレ 筋肉の動きも脳の働きによって決まります。

    筋トレ=脳トレ?筋肉の働きも結局、脳の働きで決まる近年「脳トレ」ブームで、オンラインゲームなどや書籍でも様々なものが発売されています。ボディメイクやダイエットを目的とした「筋トレ」もまたブームですね。

  13. 筋肉の5つの役割とインナーマッスル(コア)とアウターマッスルの違い

    インナーマッスルとアウターマッスルの違いって何?筋肉は人間にとってとっても重要な役割を果たす器官ですが、最近よく”インナーマッスル(コア)”を鍛えましょう。という話を聞きますよね。

  14. 番長清原和博選手にケガが多かった理由〜筋肉の正しい鍛え方〜

    筋肉は鍛え方を間違えると有害になる場合もある最近は、別の問題で再度有名になってしまった、元野球界の番長、清原和博さん。

  15. スポーツ医学 No.6 腕立て伏せ解剖学

    筋トレの代名詞として腹筋と並ぶほど有名な「腕立て伏せ」について、3Dの動画を用いて、解剖学的、運動学的に解説してみたいと思います。

  16. スポーツ医学 No.5  スクワット解剖学

    下半身の筋トレの代名詞「スクワット」の動きを解剖学的&運動学的な視点で解説してみようと思います。

カテゴリー

スポンサーリンク