顎二腹筋【3D筋肉・解剖学】

この記事は1分で読めます

【顎二腹筋】の構造について3D動画を使ってわかりやすく説明しています。


顎の下から側頭骨まで伸びている筋肉で、咀嚼運動の開口や舌の運動に関与してます。
顎二腹筋のコリをほぐして機能を高めると咀嚼(むせ)や噛み合わせなどの問題が解消する場合があります。

顎二腹筋の概要

  • 名称:顎二腹筋
  • ふりがな:がくにふくきん
  • 英語名:Digastric
  • 舌骨につながる腱を挟んで前腹と後腹に分かれ、舌骨の挙上や下顎骨の後下方引き寄せに作用します。
    ひとつの筋肉としてまとめられていますが、前腹と後腹では発生、神経支配、機能も異なります。

    顎二腹筋の起始・停止

  • 前腹起始:二腹筋窩
  • 後腹起始:側頭骨の乳突切痕
  • 停止:顎二腹筋の中間腱
  • 顎二腹筋の作用


    解剖学的表現

  • 前腹:舌骨を前上方挙上(下顎骨固定時)
  • 後腹:舌骨を後上方挙上(下顎骨固定時)
  • 下顎骨を後下方に引く(舌骨固定時)

  • 日常でのイメージ

  • (舌骨が固定されている時は下顎骨を引き下げて)口を開ける運動に作用
  • (下顎骨が固定されている時は)舌骨を挙上し物を飲み込む(嚥下)運動に作用
  • 顎二腹筋の神経支配

  • 前腹:三叉神経第三枝(下顎神経)の顎舌骨筋神経
  • 後腹:顔面神経の顎二腹筋枝
  • 顎二腹筋の働きを3D動画で確認

    顎二腹筋を触診

    顎の下から指を当て、開口運動で収縮を確認できます。

    顎二腹筋のストレッチと筋トレ


    顎二腹筋ストレッチ

  • 顎二腹筋の走行を意識しストレッチ(口の開閉と舌の運動)します。
    深呼吸をしながら無理のない範囲で行いましょう。

  • 顎二腹筋筋トレ

  • 顎二腹筋の走行を意識し収縮(口の開閉と舌の運動)させます。
    体位や負荷は個別に調整してください。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連記事

    コメントは利用できません。

    カテゴリー

    3Dシステムの詳細はこちら!

    動画も配信中!

    おすすめカテゴリー記事