【外側翼突筋】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

【外側翼突筋】は「側頭筋」と「咬筋」の深層で蝶形骨と顎関節をつなぐように走行していて、顎関節を保護しながら咀嚼運動に作用します。

【外側翼突筋】の解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

【外側翼突筋】とは?どこにあるどんな筋肉?

【外側翼突筋】は「側頭筋」「咬筋」「内側翼突筋」と共に咀嚼筋に分類される筋肉で、頭蓋骨の側頭下窩に2頭の扇形筋腹を構成します。

  • 名称:外側翼突筋
  • ふりがな:がいそくよくとつきん
  • 英語名:Lateral Pterygoid

【外側翼突筋】は両側同時に収縮すると下顎の下制御とプロトラクションに、片側収縮すると下顎の回転に作用し、他の咀嚼筋群との相乗作用で咀嚼時に活躍します。

【外側翼突筋】起始停止

【外側翼突筋】は蝶形骨から2頭で起始して、顎関節に停止します。

起始 停止
上頭 蝶形骨大翼側頭下稜 顎関節関節包前内側・関節円板
下頭 蝶形骨翼状突起外側板外側面 下顎関節突起上の翼突筋窩

上内側の筋腹を構成する上頭は蝶形骨大翼側頭下稜から起始し、より大きな筋腹を持つ下頭は蝶形骨翼状突起外側板外側面から起始します。

それぞれ主に水平面で後外側に進んで筋腹を構成し、上頭は顎関節関節包前内側と関節円板に、下頭は下顎関節突起上の翼突筋窩に停止します。

【外側翼突筋】作用

【外側翼突筋】は咀嚼筋のひとつとして下顎の動きを制御することで咀嚼運動に貢献しています。

蝶形骨の付着部は固定されているため、蝶形骨に向かって収縮します。

部位 作用
両側収縮 下顎 下制(閉口開始)・プロトラクション(前方突出)
片側収縮(下頭) 下顎 回転(左右移動)

【外側翼突筋】上頭繊維は顎関節の上部要素に作用して下顎関節頭と円板の滑り運動を起こすことができ、下頭繊維は顎関節の下部要素に作用して下顎関節頭と関節円板下面の間での蝶番のような回転運動を起こすことができます。

【外側翼突筋】が両側収縮すると、下頭は下顎関節頭を前側へ引き関節円板下面に対して下顎関節頭を回転させますが、同時に上頭が関節包と円板を同じ方向(前側)へ引いて下顎関節頭の動きによる衝撃を和らげています。

下顎関節頭と関節円板が前方に移動すると同時に下顎関節頭の回転も生じるため、下顎下制(閉口)とプロトラクション(前方突出)が生じます。

顎関節内の関節円板は下制やプロトラクション時の前方移動を制御する構造で、弾力性によって閉口を開始する力になり、「顎二腹筋」と「オトガイ舌骨筋」が相乗的に作用することで、完全に開口できます。

口を閉じている時も顎関節内で同じ移動と回転が生じていますが、反対方向に作用し、下頭の遠心性収縮は下顎を後方を引く作用がある「側頭筋」の作用に拮抗します。

【外側翼突筋】下頭が同側の「内側翼突筋」と相乗的に片側収縮すると、下顎関節頭が前内側に回転して顎を左右に動かす運動が生じ、口の片側で食べ物を噛む時などによく働きます。

【外側翼突筋】神経支配

【外側翼突筋】は下顎神経(CN V3)の特別な枝である外側翼突筋に支配されています。

上頭と下頭外側半分は下顎神経の枝である頬神経から、下頭の内側半分は下顎神経から直接支配神経を受け取ります。

【外側翼突筋】触診

【外側翼突筋】は、「側頭筋」と「咬筋」の深層で蝶形骨と顎関節をつなぐように走行している咀嚼筋で、嚼筋間隙内で側頭下窩の内壁を構成し、「内側翼突筋」浅頭と「側頭筋」腱深層にあります。

【外側翼突筋】深層には、「内側翼突筋」深頭、蝶下顎靱帯、 中硬膜動脈および下顎神経(CNV3)などがあります。

嚼筋間隙は下顎枝のレベルで表層と深層に分かれる深頸筋膜表層に囲まれていて、深頸筋膜は「咬筋」の外面と「内側翼突筋」の深部表面も覆っています。

嚼筋間隙には、「側頭筋」腱、「咬筋」、「内側翼突筋」、翼突筋静脈叢など様々な関連する解剖学構造が含まれます。

【外側翼突筋】上縁を下顎神経の側頭および咬筋枝が通過し、下縁を舌神経と下歯槽神経が通過します。

【外側翼突筋】の上頭と下頭の間を上顎動脈と頬神経(下顎神経の枝)が通過します。

【外側翼突筋】ストレッチと筋トレ

【外側翼突筋】は顎関節と蝶形骨をつなぐ構造なので、凝り固まると顎や顔の左右差や歪みなどの原因にもなります。

左右差が生じやすいので左右のバランスを整える意識を持って、顔・頭・首を含め全身の凝りをほぐしてバランスを整えましょう。

解剖学構造を理解して効果的にセルフメンテナンスすると、お顔が左右対称に整い、エラ張りやたるみ改善、リフトアップ、口角が上がるなどの美顔・小顔も期待できます。

また、左右の噛み癖を意識して改善したり、無表情でパソコンやスマホに向かう時間やストレスを減らし、歯ぎしりなどで余計な負荷をかけないようにする生活改善への意識も重要です。

詳しいエクササイズ方法は会員限定サイトで!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめカテゴリー記事