【内側翼突筋】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

顎・舌・喉の筋肉
この記事は約3分で読めます。

【内側翼突筋】は下顎骨内側から下顎を内側から強く引く軸を作るような走行で、他の咀嚼筋群と相乗的に作用して咀嚼運動を円滑にする様々な下顎の動きに作用します。

【内側翼突筋】の解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

【内側翼突筋】とは?どこにあるどんな筋肉?

【内側翼突筋】は「側頭筋」「外側翼突筋」「咬筋」と共に咀嚼筋に分類される筋肉で、下顎骨・上顎骨・蝶形骨・口蓋骨を繋ぐように4角形の構造をしています。

  • 名称:内側翼突筋
  • ふりがな:ないそくよくとつきん
  • 英語名:Medial Pterygoid

【内側翼突筋】は、下顎骨内側から下顎を内側から強く引く軸を作るような走行で、他の咀嚼筋群と相乗的に作用します。

口を閉じて歯をかみ合わせたり、顎を左右に移動させるなどして咀嚼するときに活躍します。

【内側翼突筋】起始停止

【内側翼突筋】は「外側翼突筋」の下頭で区切られた浅頭と深頭の2頭で起始し、下顎の内面に停止します。

  起始 停止
浅頭 上顎結節・口蓋骨錐体突起 下顎枝と下顎角の内側面
深頭 蝶形骨外側翼状板内側面

【内側翼突筋】の大部分を占める深頭は、蝶形骨外側翼状板内側面から起始し、より表層にある浅頭は上顎結節および口蓋骨錐体突起から起始します。

それぞれの繊維が後外側に下降し、下顎孔から上に伸びる強力な腱膜を介して下顎枝と下顎角の内側面(顎舌骨筋溝に前下)に停止します。

【内側翼突筋】作用

【内側翼突筋】は、動いていることの多い下顎骨に向かって後下方に走行しているため、収縮の仕方によって様々な作用を生じます。

通常は単独ではなく他の咀嚼筋群と一緒に作用して咀嚼を促進するように顎を動かします。

  部位 作用
両側収縮 下顎 挙上・プロトラクション
片側収縮 下顎 内側回転(左右移動)

【内側翼突筋】の片側のみが収縮すると、下顎骨をわずかに内側に回転させる作用が生じます。

同側の「外側翼突筋」と同時に作用すると、収縮した側の下顎が前内側にゆれ、【内側翼突筋】と「外側翼突筋」が交互に収縮すると下顎が左右に動きます。

【内側翼突筋】が両側同時に収縮すると下顎挙上に作用し、「外側翼突筋」と同時に作用するとプロトラクションに作用します。

【内側翼突筋】神経支配

【内側翼突筋】は、三叉神経(CN V)の分枝である下顎神経(CN V3)の特別な枝である内側翼突神経に支配されています。

【内側翼突筋】触診

【内側翼突筋】は側頭下窩で、「咬筋」および「側頭筋」の深層、かつ「外側翼突筋」の内側にあります。

【内側翼突筋】外側表層は下顎内側面と接しているため、「外側翼突筋」、蝶下顎靱帯、上顎動脈、下顎神経と隔てられていて、起始部付近の表層は耳下腺と接しています。

【内側翼突筋】内側表層は「口蓋帆張筋」「茎突舌筋」と「耳管咽頭筋」と接していて、「茎突舌筋」と「耳管咽頭筋」は「上咽頭収縮筋」と【内側翼突筋】を隔てています。

停止部付近では、顎下腺の外側面と顔面動脈の内側に接しています。

【内側翼突筋】ストレッチと筋トレ

【内側翼突筋】は他の咀嚼筋群と相乗的に作用して、食事の時に口を閉じて咀嚼する時に強力に作用する筋肉です。

顎がガクガクする、口の開閉がしにくい、顔に左右左がある場合などは【内側翼突筋】解剖学構造を意識したセルフケア(マッサージ・ストレッチ・筋トレ)をしましょう。

咀嚼筋群は、左右差が生じやすいので左右のバランスを整える意識を持って、顔・頭・首を含め全身の凝りをほぐしてバランスを整えましょう。

詳しいエクササイズ方法は会員限定サイトで!

タイトルとURLをコピーしました