【咬筋】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

【咬筋】は頬骨と下顎骨をつなぐ咀嚼筋(顎を引き上げて口を閉じ、歯を噛み合わせて咀嚼する時に作用)で、特に閉口に強力に作用します。

【咬筋】の解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

【咬筋】とは?どこにあるどんな筋肉?

【咬筋】は「側頭筋」「外側翼突筋」「内側翼突筋」と共に咀嚼筋に分類される筋肉で、頬骨弓から下顎角まで走行する太く厚い四角形筋腹を構成して下顎の運動に強い力を発揮します。

  • 名称:咬筋
  • ふりがな:こうきん
  • 英語名:Masseter

【咬筋】は大きな筋腹で顎関節関節包を補強しながら、下顎の挙上とプロトラクションに作用します。

顎から頬骨についている筋肉のため、【咬筋】がこるとガクガク顎になるだけでなく、フェイスラインや表情の歪みなどにつながり、顔の左右非対称、エラ張り、たるみなどの原因にもなります。

【咬筋】起始停止

【咬筋】は表層にある浅頭とその深層にある深頭と2つに別れて頬骨および頬骨弓から起始し、下顎枝に停止します。

起始 停止
浅頭 頬骨上顎突起 下顎枝
深頭 頬骨弓下縁

浅頭は頬骨上顎突起から起始して後下方に走行し、下顎枝表面下部にある咬筋結節に停止します。

深頭は頬骨弓下縁の全長から起始し、垂直に走行して下顎枝表面(浅頭より上位)に停止します。

深部繊維の一部は顎関節円盤や関節包に放射状に伸びています。

【咬筋】作用

【咬筋】は下顎を引き上げて口を閉じる働きがあり、咀嚼筋のひとつとして閉口に強力に作用します。

部位 作用
咬筋 下顎 挙上・プロトラクション(前方突出)

前方に向かって斜めに走行する浅頭が収縮すると下顎のプロトラクション(顎を前に出す動き)が生じ、髭剃り時や咀嚼時に活躍します。

また、重力や咀嚼運動時に顎関節の関節包を安定させるためにも作用しています。

【咬筋】神経支配

【咬筋】は、三叉神経(CN V)の分枝である下顎神経(CN V3)の特別な枝である咬筋神経に支配されています。

【咬筋】触診

【咬筋】は口腔表層にて簡単に触診できます。

【咬筋】は下顎枝表層をほぼ完全に覆っていて、【咬筋】表層は薄くとも強度のある咬筋筋膜で覆われています。

頬骨突起の下方では耳下腺管が【咬筋】の前外側面を通過し、【咬筋】前面にある「頬筋」を貫通して頬内側へ向かいます。

【咬筋】外側表層には他にも顔面神経、顔面静脈、顔面動脈、「笑筋」「大頬骨筋」などがあります。

【咬筋】内側面は顔面空間の外側壁を形成して、内側後方には「側頭筋」があります。

【咬筋】後面は耳下腺深部前方にあるため、【咬筋】後部全体と最表層部は耳下腺に囲まれていることになります。

【咬筋】ストレッチと筋トレ

【咬筋】は、食事の時に口を閉じて咀嚼する時に強力に作用する筋肉です。

また、頬や側頭にある表情筋とも密接している大きく力の強い筋肉なので、フェイスラインや表情にも影響します。

最近では、デスクワークのストレスなどによる噛み癖、歯ぎしりなどで【咬筋】が凝り固り正常に機能していない人が増えていますし、【咬筋】左右差でお顔の歪みや肩こり、頭痛、擬似歯痛などにつながるケースもあります。

顎がガクガクする、口の開閉がしにくい、顔に左右左がある場合などは【咬筋】解剖学構造を意識したセルフケア(マッサージ・ストレッチ・筋トレ)をしましょう。

左右差が生じやすいので左右のバランスを整える意識を持って、顔・頭・首を含め全身の凝りをほぐしてバランスを整えましょう。

解剖学構造を理解して効果的にセルフメンテナンスすると、お顔が左右対称に整い、エラ張りやたるみ改善、リフトアップ、口角が上がるなどの美顔・小顔も期待できます。

また、左右の噛み癖を意識して改善したり、無表情でパソコンやスマホに向かう時間やストレスを減らし、歯ぎしりなどで余計な負荷をかけないようにする生活改善への意識も重要です。

詳しいエクササイズ方法は会員限定サイトで!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめカテゴリー記事