【短母指屈筋(母指球筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

【短母指屈筋】は、母指球(親指下にある掌の膨らみ)を構成する筋肉のひとつで、母指を単独で屈曲させかつ掌側へ引き込む作用があり、親指を握り込む「グー」の手を作る時や物を掴むときなどに活躍します。

【短母指屈筋】の構解剖学造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

【短母指屈筋】とは?どこにあるどんな筋肉?

【短母指屈】とは、手の外側(橈側・親指側)で親指下あたりに小さな筋腹の隆起(母指球)を作る短い手内在筋(母指球筋)のひとつで、「母指球筋」には、「母指内転筋」「短母指外転筋」「短母指屈」「母指対立筋」の4筋が含まれます。

  • 名称:短母指屈筋
  • ふりがな:たんぼしくっきん
  • 英語名:Flexor Pollicis Brevi

母指球筋に分類される筋肉はそれぞれ異なる手根骨から母指遠位に走行し、母指中手指節間関節(MCP)および手根中手関節(CMC)の(他の4指から)独立した運動(内転・外転・屈曲・対立およびそれらの組み合わせ)に作用し、握る、つまむ、離すなど手の巧緻性向上に貢献しています。

母指球筋のひとつである【短母指屈】は、中手指節関節での母指屈曲かつ掌側へ引き込む作用があり、親指を握り込む「グー」の手を作る時や物を掴むときなどに活躍します。

「短母指屈」深頭と浅頭に別れますが、深頭の大きさには個人差が大きく、欠如しているケースも見られます。

【短母指屈筋】起始停止

【短母指屈筋】は、浅頭と深頭の2頭で手根骨および屈筋支帯から起始して、第1基節骨底外側面に橈側種子骨を介して停止します。

起始 停止
浅頭 屈筋支帯・大菱形骨結節 第1基節骨底外側面(橈側種子骨を介する)
深頭 小菱形骨・有頭骨

【短母指屈筋】浅頭は、屈筋支帯遠位縁および大菱形骨結節遠位部から起始し、深頭は、小菱形骨、有頭骨および手根骨の遠位列の掌側靭帯から起始します。

各頭の筋繊維は斜めに走行して第1基節骨底外側面で合し、種子骨を介して短い共通腱に停止します。

【短母指屈筋】作用

【短母指屈筋】の主な作用は、第1中手指節間関節と手根中手関節の屈曲で、他の母指球筋と相乗的に作用します。

関節 作用
短母指屈筋 第1手根中手関節 屈曲
第1中手指節間関節 屈曲

【短母指屈筋】は、屈曲作用により母指対立運動を促進し、母指内転(掌側へ引く)も伴います。

【短母指屈筋】神経支配

【短母指屈筋】は、浅頭と深頭で神経支配が異なります。

部位 神経
短母指屈筋 浅頭 正中神経反回枝(C8-T1)
深頭 尺骨神経の深枝(C8-T1)

【短母指屈筋】浅頭は正中神経反回枝支配で、深頭は尺骨神経の深枝から新規支配を受けます。

【短母指屈筋】触診

【短母指屈筋】は抵抗に対して母指を屈曲する運動で簡単に触診できます。

【短母指屈筋】は、「短母指外転筋」および「母指対立筋」の内側かつ、「母指内転筋」の表層外側にある筋肉で、浅頭は「母指対立筋」と繊維を癒合している場合が多くあります。

【短母指屈筋】浅頭は「長母指屈筋」腱橈側に沿って通過し、深頭は「長母指屈筋」腱深部を通過します。

【短母指屈筋】表層を正中神経の運動枝が交差します。

【短母指屈筋】ストレッチと筋トレ

【短母指屈筋】は、手内筋および手指や手関節の動きに関与する前腕の筋群全体の構造を把握することで効果的にコンディショニングができます。

グリップ力や巧緻性の向上、手首や指を使うスポーツや動作のパフォーマンス向上や疲労時のメンテナンスなど目的に合わせて調整しましょう。

詳細は会員限定サイトで!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめカテゴリー記事