肩こり・首こり・腰痛解消にはマッサージよりも筋トレが効果的な理由

この記事は4分で読めます

  • 慢性的な肩こり・首こり・腰痛を根本的に解消したい!
  • マッサージや整体に通い続ける時間もお金ももったいないから、効率よくセルフメンテナンスしたい!
  • 多くの現代人が悩むこの問題。ちょっと視点を変えるだけで、簡単に根本解決できます!

    マッサージに通い続けなければいけない理由

    辛い慢性的な肩こり・首こり・腰痛

    スマホが手放せず、長時間座ったままでのパソコン作業が必須の現代において、肩こり・首こり・腰痛と、それに連なって起こるなかなかスッキリ解消しない眼精疲労、脳疲労、身体疲労に多くの人が悩んでいます。

    そんな時にまず頼りたくなるのが、身体をほぐしてくれるマッサージや崩れたアライメントも整えてくれる整体。

    湿布や塗り薬、いろんなグッツを使って温めたり、冷やしたりし、指圧したり、自分で解決しようと努力している方もたくさんいます。


    残念ながら、上記のような方法では一時的な効果しか期待できず、根本的な肩こり・首こり・腰痛解消にはなりません。

    だから、マッサージや整体などに通い続けたり、湿布や塗り薬を使い続ける必要があります。

    筋トレで肩こり・首こり・腰痛が解消する?

    筋トレを始めたら、肩こり・首こり・腰痛がすっかり消えた。
    という体験談を聞いたことはありませんか?

    マッサージや整体では解消しなかった肩こり・腰痛・首こりが筋トレですっかり解消したという事実を医学的に紐解いていくと、多くの現代人が悩む肩こり・首こり・腰痛の根本的な解消方法が見えてきます。

    現代人を悩ます肩こり・首こり・腰痛の原因

    大切なことなので繰り返しますが、
    肩こり・首こり・腰痛は、スマホやパソコンの使いすぎそのものが原因ではなく、スマホやパソコンを使うときの「あること」が原因です。

    その原因を正しく理解すれば、肩こり・首こり・腰痛を根本解消したり、自分でメンテナンスできるようになります。

    そもそも肩こり・首こり・腰痛とは?

    肩こり・首こり・腰痛の原因は、パソコンやスマホではありません。

    パソコンやスマホを「利用するときの不自然な姿勢」が「長時間続くこと」が原因です。

    スマホやパソコン使用に限りませんが、解剖学的に不自然な姿勢をとるということで、身体の中では筋緊張のアンバランスが起こり、異常な姿勢になり、血流が低下し、肩こり、首こり、腰痛などの不快な症状を引き起こします。

    スマホで肩こり・首こり・腰痛になる理由

    例えば、スマホを見る姿勢で肩こり・首こり・腰痛になる原因を考えて見ましょう。

    一度鏡で自分がスマホを使っている時の姿勢をみてみるとわかりやすいと思いますが、本来背骨に対して真上にあるべき頭が、前に出ています。

    頭の重さはだいたい体重の10%程度ですから、体重50kgの人で5kgもあります。

    5Kgの重りを吊るした首が落ちないように、首を支える首や肩周りから背中の筋肉はずっと引っ張られて緊張した状態が続きます。

    首を支える筋肉が緩む間がありません。

    5Kgの重りをずっと休みなく引っ張り続けるのはものすごく負担のかかる仕事です。

    筋肉が硬く強張り、血流が滞り、全身に影響が出てきても全く不思議ではありません。

    肩こり・首こり・腰痛を解剖学的に理解

    肩こり・首こり・腰痛の根本解決を目指す時に、考慮する必要のある筋肉の基本的構造があります。

    全ての筋肉には必ずペアとなる筋肉があるということです。

  • どの作用をする筋肉(主動筋)も、拮抗筋と呼ばれる反対の作用をする筋肉とペアを組んで、収縮(縮む/緊張する動き)と弛緩(伸びる/緩む動き)を交互に行うことで姿勢やバランスを保っています。
  • 主動筋と拮抗筋がバランスを取りながら、収縮と弛緩を繰り返して血液を流すポンプの役割もしています。
  • 同じ姿勢をずっと続けてペアの片方にだけ過剰な負荷がかかり続けるとこの拮抗バランスが崩れて、片方がカチカチに固まり、反対側は仕事をせず休んだままになります。アライメント(骨の位置)も崩れるので、神経や血管を圧迫します。

    収縮と弛緩を繰り返して血液を流すポンプの役割が正常にできなければ、血流が滞り、細胞が正常な働きができなくなり、老廃物もたまるため、様々な時症状となってあなたを悩ませることになります。

    肩こり・首こり・腰痛が解消しない魔のスパイラル

    先のスマホ首の例の場合、首を後ろから引っ張る筋肉は、引き伸ばされたまま、常に緊張状態。ゴムがずっと引っ張られているような状態である一方、拮抗筋である首の前側やお腹の筋肉は緩みっぱなしで自分の役割を忘れてお休みするようになってしまいます。

    この状態で、過剰に緊張した筋肉のコリや硬さをマッサージや整体で解消してもらったとしても、本来の機能バランスを取り戻すことが難しく、姿勢やクセはそのままなので、すぐに肩こり・首こり・腰痛を感じるようになります。

    マッサージや整体の施術は、硬くなった筋肉に刺激を与え、血流を促すことによって老廃物を流したり、筋肉の緊張を緩め、一時的に正常(に近い)状態を作れるので、その時は、痛みやこりが楽になり、問題が解消したように感じます。

    でも、悪い姿勢、クセ、習慣は直してくれませんので、一時的にスッキリ解消しても…..

    同じ姿勢の生活習慣に戻る

    肩こり・首こり・腰痛再発

    マッサージや整体に通う・・・・

    という永遠に続く悪のスパイラルに突入するだけでなく、どんどん症状は悪化する可能性もあります。

    筋トレが肩こり・首こり・腰痛の根本解決に有効な理由

    魔のスパイラルを断ち切るためにはどうすればいいでしょうか?

    「スマホは手放せないし、長時間のパソコン作業だって仕事だし!」

    大丈夫です。

    繰り返しますが、肩こり・首こり・腰痛の原因は筋緊張のアンバンランスです。

    だから筋トレが有効なのです。

    マッサージ、整体、筋トレの違いを比較

    肩こり・首こり・腰痛解消の観点からみたマッサージ、整体、筋トレのアプローチの違いを見て見ましょう。


    マッサージ

  • 過緊張の筋肉を押したり、揉んだりしながらで刺激を与えて血流を改善させつつ、リラックスを促すことで、筋肉の緊張を緩める方法
  • 一時的なリラクセーション効果しかない

  • 整体

  • マッサージに加えて、整体師の手技でアライメント(骨盤や背骨など骨の歪み)を一時的に整える方法
  • 一時的な効果しかない

  • 筋トレ

  • 過剰に負荷がかかっている筋肉の反対側のお休みしてしまっている筋肉に刺激を与えながら全体の筋緊張のバランスを整え、本来のアライメントと機能を自分の力で取り戻す方法
  • 姿勢改善から、肩こり・首こり・腰痛の根本解消につながる
  • 筋トレで肩こり・首こり・腰痛が根本解決する理由

    筋トレのメリットは、なんと言っても肩こり・首こり・腰痛の「根本的解決」になること。

    整体などでは、「繰り返し通うことで、身体が正しい位置を覚えるようになる」という文句で頻回に通うことを勧められますが、自分が姿勢を意識しない限り正しい姿勢に変わることは困難です。

    正しい姿勢を意識するきかっけとして、整体などを利用するのはよいことですが、自分の身体に自分で目を向ける意外に、魔のスパイラルから抜ける方法はありません。

    筋トレは、正しく行えば、数十秒程度でも効果が実感でき、自宅でもどこでも自分できるので、マッサージや整体に通う時間、手間、お金は要りません。

    更に、正しい筋トレをすることで、全身のバランスが整い、正しい筋肉の緊張バランスを自然と維持できるようになり、姿勢がよくなるので、部分痩せやダイエット効果など、気がつけば、疲れにくく、美しい身体になっています。

    スマホやパソコンに向かう姿勢も自然と変わっているはずです。

    肩こり・首こり・腰痛解消におすすめの筋トレやエクササイズ

    具体的にどんな筋トレをすればよいかは、普段の姿勢やクセ(肩こり・首こり・腰痛になっている原因)、健康状態等によって個別にアレンジが必要ですが、基本的な方向性は共通しています。


    ポイント

  • 普段の姿勢で過剰に負担をかけている筋肉を理解する
  • 負担をかけている筋肉の拮抗筋に刺激を与える(筋トレ)
  • 負担をかけている筋肉を緩める姿勢を意識する
  • 硬く凝り固まっている筋肉をただ押したり揉んだりするよりも、ターゲットとなる筋肉を見極めて正しい方向に刺激を入れれば、10秒程度でも驚くほどスッキリ解消を実感できます。

    隙間時間にいつでも自分でメンテナンスできるので、マッサージや整体通いが要らなくなるだけでなく、全身の体調が改善するというメリットもあります。

    このサイトでは自分の身体の構造が理解できるように骨や筋肉の3D動画付き解説を公開していますので、まずは自分の身体の問題点(姿勢やクセ)を分析し、いつもやりがちな姿勢と反対方向に筋肉に刺激を入れるようにしてみてください。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連記事

    コメントは利用できません。

    カテゴリー

    動画も配信中!

    おすすめカテゴリー記事