神経線維の種類 ~遠心性繊維と求心性繊維の違い~

この記事は2分で読めます

人体の連絡網「神経」の種類について説明できますか?

感じることも、運動も、人間として日常を豊かに生きるためには神経の働きが不可欠ですが、その神経の種類について説明できますか?

神経線維の種類、および、遠心性繊維と求心性繊維の違いについての基礎を理解しましょう。

この章を読むとあなたは、神経繊維の種類に関する概要が整理できます。

神経線維の種類 ~遠心性繊維と求心性繊維の違い~

神経の役割

人間の構造は、大脳を最高中枢として、あらゆる器官が相互に連絡しあい協力し合い働くことで、人間が本来あるべき姿が出来ています。

現在も解明されていないことがたくさんある、とても複雑で精巧な仕組みですが、器官と器官の間の情報伝達、つまりインターネット回線のような役割を担っているのが神経線維で、その神経線維にも役割分担があり、役割別に名前がついています。

それぞれの神経線維の名前と役割について解説していきます。

遠心性繊維(下行性)

・身体の中心、つまり中枢神経から末梢へと情報を運ぶ繊維
・運動神経線維が代表例

求心性繊維(上行性)

・末梢から中枢神経へ情報を運ぶ繊維
・感覚(知覚)神経線維が代表例

投射繊維(上行性、下行性)

・大脳皮質と下位の脳部(大脳基底核・脳幹・小脳)や脊髄とを連絡する繊維
・大脳皮質運動野から内包に至る四肢、体幹、顔面に運動指令を伝える線維(皮質脊髄路、皮質延髄路)
・視床から大脳皮質知覚領野に至る感覚情報を伝える繊維

連合繊維

・同側半球の皮質間を連絡する繊維
・大脳皮質の神経細胞同士を結びつけたり、情報を集めてまとめたり、過去の記憶に照合して判断を下すなど連合的、統合的な機能を果たす
・前頭葉前部と後頭葉、側頭葉を結ぶ上縦束

交連繊維

・反対側半球の皮質間を連絡する繊維
・それぞれの半球から得られた情報を交換しあいながら、各半球の機能を十分生かすように働く
・左右の大脳半球を広くつなぐ脳梁など

 

まとめ 

自分の身体について知ることの重要性

スマートフォンで繋がる友達や大切な人との会話をつなぐ電波のように、あなたの身体には「神経」という名の電波が張り巡らされていて、脳と各器官は、あなたが日常生活を不自由なく行えるように常に互いに連絡を取り合っています。

そんな神経について理解を深めることは、人生を豊かにすることに直結しています。

質問受付

個別には返信できませんが、次回以降の内容や、FAQ作成時に反映させていただきます。
できるだけ具体的に書いていただけると嬉しいです。

ご意見、ご要望、応援メッセージなども大歓迎です。

いつもたくさんの応援コメント、率直なご質問ありがとうございます。大変励みになっています。

愛& 感謝!

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

スポンサーリンク