北風と太陽

この記事は1分で読めます

北風と太陽の違い

医学の本来あるべき姿
人間の本来あるべき姿っていうのを
考えていたときに

『北風と太陽』という童話を
思い出しました。

このお話は、
北風と太陽がどっちが早く旅人のコートを
脱がせることができるのか?
を競うお話です。

結果はもちろん太陽の勝利なんですが、
大人になって改めてこの童話に触れてみると
本当によくできているなと感動してしまいます。

北風は、自分がいいと思っていることを
相手の気持ちも相手の立場も一切配慮せずに
一方的に押し付けました。

そして、本来の目的とは逆の結果に
なりました。

一方太陽は、相手の気持ちを考え
相手の立場を考え
ただ優しく側に寄り添って、
相手が、自分の意思でよりよい選択をするように
導きました。

当然、太陽の勝利です。

医学の本質とは?

これまでもこのサイトの中では、
なんども書かせていただいていますが、
人間には本来あるべき姿があって
そこに自分の力で戻っていけるように
よりよくなっていけるように
お手伝いするのが、
医学の本質だと思っています。

病気の人に北風を当て、
ますますコートに包まらないと
いけない人を作るように

薬や対処療法に頼る現代の医学を
見ていると
まるで、北風と太陽の
北風のように感じてしまうことがたくさんあります。

今しようとしている治療の主語、
つまり対象者が誰なのか?

その治療は本当に相手が望むものなのか?
相手がよりよく、幸せになるものなのか?

私、私たちは、太陽でありたいです。

雪の下から、ちゃんと花が咲く、
そんな手助けができる太陽でありたいです。

質問受付

個別には返信できませんが、
次回以降の内容や、
FAQ作成時に反映させていただきます。

できるだけ具体的に書いていただけると嬉しいです。

ご意見、ご要望、応援メッセージなども大歓迎です。

いつもたくさんの応援コメント、率直なご質問ありがとうございます。
大変励みになっています。

愛& 感謝!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

スポンサーリンク