【示指伸筋(前腕後面深層筋)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

【示指伸筋】は、人差し指(示指)の独立した伸展(伸ばす)運動に作用する筋肉で、いわゆる”指す”動作を可能にする筋肉です。

【示指伸筋】の構造についてイラストを使ってわかりやすく説明しています。

【示指伸筋】とは?どこにあるどんな筋肉?

【示指伸筋】は、「回外筋」「長母指外転筋」「短母指伸筋」「長母指伸筋」と共に前腕後面深層筋群に分類される筋肉です。

  • 名称:示指伸筋
  • ふりがな:じししんきん
  • 英語名:Extensor Indicis

【示指伸筋】の主な作用は、名前の通り人差し指(示指)の独立した伸展(伸ばす)です。

4指を同時を伸ばす「総指伸筋」とは別に存在することで、人差し指だけを伸ばす運動(指を指す)が可能になります。

【示指伸筋】起始停止

【示指伸筋】は、尺骨遠位から起始して細い筋腹を構成し、手背で第2指の指背腱膜に停止します。

起始 停止
示指伸筋 尺骨遠位1/3後面・前腕骨間膜 第2指指背腱膜

【示指伸筋】は、尺骨遠位1/3後面(「長母指伸筋」遠位)および一部の繊維は隣接する骨間膜から起始し、細長い筋腹を構成して下降します。

手首付近で腱に収束して伸筋支帯深層を通過して手背に入り、「総指伸筋」腱と同じ腱鞘に包まれます。

手背では手根骨の上を斜めに進み、第2中手骨頭対側の「総指伸筋」尺側と結合し、第2基節骨底背側の指背腱膜に停止します。

【示指伸筋】は複数に分岐して他の「総指伸筋」腱に結合する場合や、手背に単独の筋腹を持つなど個人差が見られます。

【示指伸筋】作用

【示指伸筋】の主な作用は、第2中手指節間関節および指節間関節の伸展で、他の指から独立して、人差し指だけを伸ばして行う”指を指す”動作を可能にする筋肉です。

関節 作用
示指伸筋 第2中手指節間関節および指節間関節 伸展

また、手首をまたぐ走行で、他の前腕後面筋群と相乗的に作用して、手首の伸展にも関与します。

【示指伸筋】神経支配

【示指伸筋】は、橈骨神経の枝である後骨間神経(C7-C8)支配です。

【示指伸筋】触診

【示指伸筋】は、「総指伸筋」深層で、「長母指伸筋」内側かつ「尺側手根伸筋」外側にある筋肉です。

人差し指を伸ばした時に尺骨下部深層で収縮を確認できます。

伸筋支帯深層では、「総指伸筋」と共通の腱鞘内で内側を走行します。

「総指伸筋」と共通の腱鞘の深層を後骨間神経が通過し、内側には「長母指伸筋」の腱鞘、外側には「小指伸筋」の腱鞘があります。

【示指伸筋】ストレッチと筋トレ

【示指伸筋】は、前腕筋群および手内筋全体の構造を把握することで効果的にコンディショニングができます。

前腕を太くするボディメイクトレーニング、手首や指を使うスポーツや動作のパフォーマンス向上や疲労時のメンテナンスなど目的に合わせて調整しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめカテゴリー記事