小指対立筋【3D筋肉・解剖学】

この記事は1分で読めます

【小指対立筋】の構造について3D動画を使ってわかりやすく説明しています。


小指外転筋・短小指屈筋と共に小指球(小指の下にある掌の膨らみ)を作り、小指と親指を近づける運動(対立)に作用する筋肉。
「物を摘む時・水をすくう時・握手をする時」などに活躍します。

小指対立筋の概要

  • 名称:小指対立筋
  • ふりがな:しょうしたいりつきん
  • 英語名:Opponens Digiti Minimi
  • 小指外転筋短小指屈筋と共に小指球(小指の下にある掌の膨らみ)を作り、小指と親指を近づける運動(対立)に作用する筋肉。
    物を摘む時、水をすくう時、握手をする時などに活躍します。

    小指対立筋の起始・停止

  • 起始:有鉤骨・屈筋支帯
  • 停止:第5基中手骨
  • 小指対立筋の作用


    解剖学的表現

  • 小指対立

  • 日常でのイメージ

  • 小指を親指と合わせる方向へ動かす(物を摘む、水をすくう、握手するなど)
  • 小指対立筋の神経支配

  • 尺骨神経(C8~T1)
  • 小指対立筋の働きを3D動画で確認

    小指対立筋を触診

    小指対立運動で収縮(小指球の内側)を確認できます。

    小指対立筋のストレッチと筋トレ


    小指対立筋ストレッチ

  • 小指対立筋の走行を意識しストレッチ(小指を親指から離す)します。
    深呼吸をしながら無理のない範囲で行いましょう。

  • 小指対立筋筋トレ

  • 小指対立筋の走行を意識し収縮(小指対立)させます。
    体位や負荷は個別に調整してください。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連記事

    コメントは利用できません。

    カテゴリー

    3Dシステムの詳細はこちら!

    動画も配信中!

    おすすめカテゴリー記事