【小指対立筋(小指球筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

手と手指の筋肉
この記事は約3分で読めます。

【小指対立筋】は小指球を構成する筋肉のひとつで、母指対立筋と一緒に作用して小指と親指を近づける運動(対立)に作用します。

【小指対立筋】の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

【小指対立筋】

【小指対立筋】は、「短掌筋」「小指外転筋」「短小指屈筋」と共に小指球筋に分類され、小指の(他の4指から)独立した運動(外転・屈曲・外旋・対立およびそれらの組み合わせ)に作用し、握る、つまむ、離すなど手の巧緻性向上に貢献しています。

  • 名称:小指対立筋
  • ふりがな:しょうしたいりつきん
  • 英語名:Opponens Digiti Minimi

【小指対立筋】は他の2つの筋肉の深層にあり、主な作用は小指対立です。

【小指対立筋】が「母指対立筋」と共に作用することで掌のくぼみができ、物を摘む、水をすくう、握手するなどの動作や、野球など投球するスポーツで重要な動きを担っています。

【小指対立筋】起始停止

【小指対立筋】は有鉤骨から起始し、第5中手骨に停止します。

起始 停止
小指対立筋 有鉤骨鉤・屈筋支帯 第5中手骨尺側面

【小指対立筋】は、有鉤骨鉤(凸部)おおよび屈筋支帯から起始し、小さな三角形の筋腹を構成し、第5中手骨尺側面と隣接する掌面に停止します。

【小指対立筋】作用

【小指対立筋】の主な作用は小指対立です。

関節 作用
小指対立筋 第5手根中手関節 小指屈曲・外旋・対立

【小指対立筋】が収縮すると、第5手根中手関節に作用して小指の屈曲および外旋運動を起こすため、手のひらのくぼみを深くできます。

この動作に第5中手指節間関節および指節間関節の屈曲と外旋が加わると、母指と小指が互いに向かい合う対立運動が生じます。

小指を親指と合わせる方向へ動かす対立運動は、物を摘む、水をすくう、握手するなどの動作で重要な動きで、野球やラグビーなどの投げる動作が含まれるスポーツでも活躍します。

【小指対立筋】神経支配

【小指対立筋】は他の小指球筋同様に、骨神経深枝(C8、T1)支配です。

【小指対立筋】触診

【小指対立筋】は、「小指外転筋」と「短小指屈筋」と共に手掌内側(尺側・小指側)で小指下あたりに小さな筋腹の隆起(小指球)を形成している筋肉で、「小指外転筋」と「短小指屈筋」の深部にあり、一部繊維を癒合させています。

尺骨動脈深掌枝は橈骨動脈と吻合する前に【小指対立筋】深層を通過または貫通し、尺骨神経深枝は屈筋腱に向かう途中で【小指対立筋】を貫通するため、これらにより【小指対立筋】は二層に分割されます。

【小指対立筋】ストレッチと筋トレ

【小指対立筋】 は、手内筋および手指や手関節の動きに関与する前腕の筋群全体の構造を把握することで効果的にコンディショニングができます。

グリップ力や巧緻性の向上、手首や指を使うスポーツや動作のパフォーマンス向上や疲労時のメンテナンスなど目的に合わせて調整しましょう。

詳細は会員限定サイトで!

タイトルとURLをコピーしました