確実にダイエット効果をあげる超簡単な方法

この記事は4分で読めます

ダイエットは頑張ることだと誤解していませんか?

“ダイエット”

このキーワードが、メディアや雑誌を賑わせないことはなく、
常に注目を集めているキーワードですよね。
あなたもきっと
”ダイエットしないと…”
と思う瞬間が何度かあるのではないかと思います。

ダイエット方法は巷に溢れ、
ダイエット効果を謳うジム、ヨガ、トレーニング、フィットネスも
どんどん増えてきていて、

食事を制限して、ひたすら運動に励まないと….

不安に思っている人も多いと思います。

辛いトレーニングや食事制限を我慢して初めて、
理想のスタイルが手に入る。。ダイエットは辛いもの。
我慢できないならあきらめるしかない….

そういうイメージをお持ちの方が多いと思います。

もちろん、食べ過ぎや偏った食事は不健康や肥満の元ですが、
むやみに食事を制限することは実際には逆効果です。

また、ダイエットに運動はとても効果的で、
特に現代人は運動不足の人が多いので、
運動をすることで筋肉を鍛えて代謝を上げて、
全身の循環、心拍数、体力の向上も期待でき、
アンチエイジング効果、つまり若返り効果も高いですが、
激しい運動は続けられない、運動が好きじゃない、とういう人も多いと思います。

自分にはダイエットなんて、
理想の体型になるなんて絶対に無理だ、
と思っている人もいるかもしれませんが安心してください。

ダイエットは、本来辛い思いをしてするもではありません。

運動が苦手な人は、痩せたり、理想的な体型になれないか、
というと決してそんなことはなく、
むしろ運動よりも重要なことがあり、
それを意識して行うだけで、ダイエット効果は十分に期待できます。

そのための簡単な秘訣を2つ紹介します。

普段の生活の中で行っていることの意識を
ちょっと変えるだけでいいので、誰でも簡単に今からできます。

運動が苦手でも理想のスタイルを保ちたい人は、もちろんすぐ取り入れて欲しいのですが、
運動が得意な人も意識することで、より運動によるダイエット効果を高めることができます。

読み終わる頃には、ダイエットとは、
あなたの身体を大切に思い、いたわってあげることが一番効果的に結果を出す方法
であることに気がつき、今すぐ始めたくなるでしょう。

では、その方法について説明していきます。

 

1)まず、睡眠時間を確保しましょう

ダイエット中は眠る前に食事はしてはいけない、
夜は極力控えましょう、ということがよく言われていますが、
これについて誤解が多くあるようなので、少し説明していきます。

確かに眠る前に食べすぎると胃もたれしたり、
消化に負担がかかってよく眠れなくなる、
翌日スッキリ起きれない。。。
ということであれば、夕食は控えめに、寝る2〜3時間前に済ませるのはとてもよいことです。

ですが、夜は眠るだけでカロリーを消費しないから、夜は食べない方がいいと、
空腹を我慢したままベットに入り、睡眠が気持ち良くとれない、
ストレスで眠れないなどの状態になっているのなら、それは本末転倒、完全なる逆効果です。

人間の身体は眠っている間も非常に大変な仕事をこなしています。
あなたの細胞の再生を行う作業です。
よく眠った朝は肌がきれいで、頭もスッキリしているのは、
身体があなたの細胞を生まれ変わらせる作業を行い、
不要なものを排出させる作業をあなたが寝ている間に完了させてくれたからです。
ダイエットに欠かせない成長ホルモンも眠っている間に分泌されて働いてくれているのです。

よく眠れた時は、朝起きた時に0.6kg〜1lg位の体重が減るほどの
エネルギー量を消費しています。
それはきれいに痩せるために不可欠な身体のお仕事。
眠るためにもエネルギーが必要なのです。

だから、空腹すぎると眠れないのです。

夜はエネルギーを消費しないからあまり眠らない、
または夕食を控えたためにお腹が空いて眠れない、
というのは、健康面からはもちろん、
ダイエットに関しても完全に本末転倒、逆効果であることに気がついてください。

ダイエットして痩せたいのは、やつれて体重を落としたいのではなく、
きれいな理想的な体重になるためですよね。

眠らない、ということ、眠るための環境や時間を確保しない、というのは
努力して、太った老廃物だらけの自分を作っているのと同じなのです。

一方、食生活は何も変えず、運動も特にしていないのに、
睡眠時間をしっかり確保するようになってから痩せた人は本当にたくさんいます。

日常生活の中で、睡眠の時間を7〜8時間確保する、
そしてぐっすり眠れるように適度な量の食事を夜もしっかりと食べること、
これによって、ダイエット効果と健康が同時に手に入るのです。

現代人は、日中にストレスが多く、
ストレスなどで眠れない人もいるかもしれませんが、
ストレスで眠れない日々が続くと、食欲中枢や満腹中枢に異常をきたすので、
ストレスが原因での暴飲暴食を引き起こしやすく、
暴飲暴食で太る→またストレスが増える→眠れない→さらに太るの
悪循環になってしまいます。

ストレスで夜寝付けない人は、
全身の緊張をほぐし、リラックスする方法を次の項で紹介するので、
ぜひ眠る前に行ってみてください。

バランスのよい適量の食事をしっかりとり、
できれば湯船にゆっくり浸かって、眠る前に全身の緊張をほぐすストレッチをして、
呼吸を深くするようにすると本当にぐっすり眠れるようになります。

眠るだけで、痩せられるなら、
しかも肌もきれいになるし、日中の仕事もはかどるし、と
いいことだらけの睡眠ダイエットは今すぐ取り入れたいですね。

 

2)よい姿勢を意識しましょう

睡眠をしっかり取ることに加えて、姿勢も意識できるようになると、ダイエット効果は倍増します。

なぜか?

まず、美しく、スタイルが良い、太りにくく元気で健康な人には共通点があります。
そして、それは彼らがキレイにかっこよく見える理由に一致します。

それこそが、姿勢の良さ、だからです。

姿勢が良いことがダイエットに効果的である理由は以下の通りです。

よい姿勢を維持できているということは、
コアマッスルに常によい刺激が入っている状態ですので、
基礎代謝量が高く、骨格も整っています。

コアマッスルを適切に鍛えるだけで基礎代謝が20%もアップするので、
つまり、何もしなくても消費するエネルギーが基礎代謝ですから、
普段からよい姿勢を意識するだけで痩せやすく健康で美しいスタイルになることができます。

睡眠同様、頑張らない、日常の当たり前に目を向けることが
実は一番消費カロリーが高く、健康美容効果も高いのです。

具体的には以下のような姿勢を意識してみてください。

1:座っているとき

両肩を少し後ろにひくような感じで胸を張る、
お腹を引いて、頭の上からひもで引っ張られている、イメージで背筋を伸ばします。

2:立っているとき

1の状態に加え、同時に
お尻の穴をしめるように意識します。

どうでしょう?
全身に力がぐっと入り結構疲れますよね?

でもこれが本来身体の機能がもっともキレイに働く姿勢ですし、
慣れれればそれが当たり前になってくるし、
今までの姿勢が如何に不自然であったかが気がつくようになると思います。

インナーマッスルのトレーニングは、
アウターマッスルのトレーニングのようにわかりやすい運動で行うものではないので、
最初ひとりでやるのは難しいのですが、その時にオススメなのがこのトレッチポールです。

ストレッチポール は、その上に乗るだけで眠る前にリラックスするためにも使えますし、
インナーマッスルを難しいことを考えずにトレーニングできる優れものなので、
是非ひとつはもっておくことをオススメします。

似たような類似品がたくさん出回っていますが、
柔らかいものや粗悪品だと逆効果になったり、
耐久性の問題でもオススメできないので、
必ず以下の正規品(LPN(LPNストレッチポールEX)を使うようにしてみてください。

少し、細め柔らかめで女性や高齢者、リラック専用にオススメの(LPN(LPNストレッチポールMX)もあります。

実は、運動で消費するエネルギーなんてわずかなもの。

それよりも普段の意識を変えるだけで基礎代謝が20%以上ももあがり
同時に健康でキレイに、カッコ良くなれる、姿勢の改善と睡眠時間確保に
是非今日から取り組んでみて欲しいと思います。

大切なあなたの明るい未来のために。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

動画も配信中!