手と手指の筋肉

手と手指の筋肉記事一覧

  1. 【虫様筋(手内在筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【虫様筋】は、屈筋腱から起始して伸筋腱に停止するユニークな構造の筋肉で、中手指節関節(MCP)の屈曲と指節間(IP)関節の伸展に作用します。【虫様筋】解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  2. 【掌側骨間筋(手内在筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【掌側骨間筋】は、「背側骨間筋」 「虫様筋」と共に中手骨を埋める手内筋として関節を安定させつつ、指の内転筋としても強力に作用します。【掌側骨間筋】の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  3. 【背側骨間筋(手内在筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【背側骨間筋】は、手背の中手骨間を埋めるように走行する4つの筋腹を持つ手の内在筋肉で、第2指〜4指を外転して指の間を広げ、「パー」の形を作る運動でよく働きます。

  4. 【小指対立筋(小指球筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【小指対立筋】は小指球を構成する筋肉のひとつで、母指対立筋と一緒に作用して小指と親指を近づける運動(対立)に作用します。【小指対立筋】の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  5. 【短小指屈筋(小指球筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【短小指屈筋】は、「小指外転筋」「小指対立筋」と共に小指球(掌小指側の膨らみ)を形成する筋肉で、主に小指屈曲に作用します。【短小指屈筋】の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  6. 【小指外転筋(小指球筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【小指外転筋】は小指球最内側の筋肉で、小指の独立した外転および屈曲に作用して指を広げて大きな物を掴む時などに活躍します。【小指外転筋】の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  7. 【母指内転筋(母指球筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【母指内転筋】は、母指(親指)を示指(人差し指)に近づけたり指の間を閉じるときに活躍する筋肉です。【母指内転筋】の構解剖学造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  8. 【母指対立筋(母指球筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【母指対立筋】は、母指球の最外側(橈側)にある筋肉で母指と他の指を合わせる(対立させる)運動に作用し、物を掴むときに活躍します。【母指対立筋】の構解剖学造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  9. 【短母指屈筋(母指球筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【短母指屈筋】は、母指球(親指下にある掌の膨らみ)を構成する筋肉のひとつで、母指を単独で屈曲させかつ掌側へ引き込む作用があり、親指を握り込む「グー」の手を作る時や物を掴むときなどに活躍します。

  10. 【短母指外転筋(母指球筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【短母指外転筋】は、親指の独立した外転運動(他の指や掌から離す)に作用する筋肉で、スマホ操作で現代人は酷使しがちです。【短母指外転筋】の構解剖学造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

おすすめカテゴリー記事