【大殿筋】筋トレとストレッチのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

3D筋肉
スポンサー

大臀筋は、ウエストと脚の境目とお尻の丸いラインを作る人体最大のアウターマッスルで、歩行、ランニング、スキップ、ジャンプ、スクワット、階段を昇る時など股関節を曲げた状態から伸展する時に強く作用します。

美尻や引き締まったヒップの綺麗なバックラインを作り、代謝を高めてダイエット効果も期待できる大臀筋筋トレや大臀筋ストレッチが効果的に実践できるように大臀筋の解剖図(3D動画)で解剖学構造を理解しましょう。

【大殿筋】英語と読み方

  • 名称:大殿筋
  • ふりがな:だいでんきん
  • 英語名:Gluteus Maximus
  • 【大殿筋】起始停止

    【大殿筋】は、脚との境とウエストとの境とお尻の丸い形を決めるように走行している人体最大のアウターマッスルです。

  • 起始:腸骨翼の外面・後殿筋線の後方・仙骨および尾骨の外側縁・胸腰筋膜・仙結節靭帯
  • 停止:大腿筋膜の外側部(腸脛靭帯に移行)・大腿骨の殿筋粗面
  • 【大殿筋】作用

    解剖学的表現

  • 股関節伸展
  • 股関節外旋
  • 骨盤下制
  • 骨盤後傾
  • 日常でのイメージ

  • 脚との境、ウエストとの境を含めてお尻のラインを決める
  • 可動範囲の大きい股関節を広く覆い股関節の前後の運動のコントロールと安定感に作用
  • 運動においてはハムストリングスと連動し、股関節を曲げた状態から股関節を伸ばす際に最も強く働く(座った状態から立ち上がるとき、階段を昇るとき、ランニング、スキップ、ジャンプ、スクワットなど)
  • 【大殿筋】神経支配

  • 下臀神経(L4~S2)
  • 【大殿筋】働きを3D動画(解剖図)で確認

    【大殿筋】触診

    お尻の最も表層にある筋肉なので簡単に触診できます。

    【大殿筋】トレーニング(効果的な鍛え方)

    大臀筋の柔軟性と強度を維持することで美尻・美姿勢・美脚/脚長効果・腰痛予防に効果的です。

  • 股関節を曲げた状態から股関節を伸ばす際に最も強く働くので、普段の階段昇降や椅子などからの立ち上がりの時に大臀筋を意識するだけでも十分に強化できます。
  • スクワットやパワー系のヨガポーズなど下半身に体重がかかるいろんなエクササイズで使う筋肉なので、大臀筋の走行や解剖学的構造を意識して行うだけでより効果的に強化できます。
  • 四つ這いや側臥位で股関節伸展・屈曲させる運動で選択的にストレッチ・強化できます。
  • 正しいスクワットとは〜効果がでるやり方とフォーム(姿勢)【3D筋トレ動画】
    下半身の筋トレの代名詞「スクワット」ですが、解剖学的に正しく理解して行わないと効果がないだけでなく、膝や腰を痛めてしまうケースも。下半身の筋トレの代名詞「スクワット」の動きを解剖学的&運動学的な視点で3D動画を使って解説します。...
    ラクダのポーズ(ウシュトラ・アーサナ) 効果と正しいやり方【3Dヨガ解剖学】
    ラクダのポーズ(ウシュトラ・アーサナ)は、ラクダのコブのように胸を上に突き上げることから名付けられたヨガのポーズで、胸椎から背骨全体が伸びて胸が開くので、猫背の改善やバストアップに効果的なポーズです。3D動画で正しいフォームや注意ポイ...

    【大殿筋】ストレッチ

    【臀筋】お尻のラインを作り股関節の運動に作用する筋肉

    臀筋と呼ばれるお尻の筋肉3種類をまとめました。

    大殿筋

  • 臀筋では最表層のアウターマッスル
  • お尻のラインを決め、ウエストとの境や脚との境を作るためバックラインや姿勢を決める
  • 人体最大の筋肉なので基礎代謝向上によるダイエット効果も期待できる
  • 股関節や骨盤の運動に関与し、安定した立位動作に不可欠
  • スポーツのパフォーマンス向上にも重要
  • 中殿筋
  • お尻の横の膨らみを作る
  • 立位・歩行動作の安定に不可欠
  • 股関節や骨盤の安定に重要
  • スポーツのパフォーマンス向上にも重要
  • 小殿筋

  • 中臀筋をサポートするお尻のインナーマッスル
  • タイトルとURLをコピーしました