大殿筋【3D筋肉・解剖学】+お尻の筋肉まとめ

この記事は2分で読めます

お尻のラインを作る人体最大のアウターマッスル【大殿筋】の構造について3D動画を使ってわかりやすく説明しています。


美尻や引き締まったヒップの綺麗なバックラインを作り、代謝を高めてダイエット効果も期待できる大臀筋のストレッチと筋トレを効果的に行いましょう!

大殿筋の概要

  • 名称:大殿筋
  • ふりがな:だいでんきん
  • 英語名:Gluteus Maximus
  • 脚との境、ウエストとの境を含めてお尻の形を決める人体最大のアウターマッスル。

    運動においてはハムストリングスと連動し、以下の例のように股関節を曲げた状態から股関節を伸ばす際に最も強く働きます。

  • 座った状態から立ち上がるとき
  • 階段を昇るとき
  • ランニング、スキップ、ジャンプ
  • スクワット
  • など….

    大殿筋の起始・停止

  • 起始:腸骨翼の外面・後殿筋線の後方・仙骨および尾骨の外側縁・胸腰筋膜・仙結節靭帯
  • 停止:大腿筋膜の外側部(腸脛靭帯に移行)・大腿骨の殿筋粗面
  • 大殿筋の作用

    解剖学的表現

  • 股関節の伸展・外旋
  • 骨盤下制・後傾

  • 日常でのイメージ

    ・お尻のラインを決めるアウターマッスル。大臀筋の柔軟性と強度を維持することで美尻・美姿勢・美脚/脚長効果・腰痛予防に効果的です。

    ・可動範囲の大きい股関節を広く覆い、股関節の前後の運動のコントロールと安定感に作用しています。

    大殿筋の神経支配

  • 下臀神経(L4~S2)
  • 大殿筋の働きを3D動画で確認

    大殿筋を触診

    お尻の最も表層にある筋肉なので簡単に触診できます。

    大殿筋を鍛える方法


    大殿筋筋トレ

    大殿筋を収縮

  • 股関節を曲げた状態から股関節を伸ばす際に最も強く働くので、普段の階段昇降や椅子などからの立ち上がりの時に大臀筋を意識するだけでも十分に強化できます。
  • スクワットやパワー系のヨガポーズなど下半身に体重がかかるいろんなエクササイズで使う筋肉なので、大臀筋の走行や解剖学的構造を意識して行うだけでより効果的に強化できます。
  • 四つ這いや側臥位で股関節伸展・屈曲させる運動で選択的にストレッチ・強化できます。
  • お尻の筋肉 まとめ

    臀部には3つの筋肉があります。
    それぞれの構造をまとめて理解するとより効率的にセルフケアできます。


    大殿筋

  • 臀筋では最表層のアウターマッスル
  • お尻のラインを決め、ウエストとの境や脚との境を作るためバックラインや姿勢を決める
  • 人体最大の筋肉なので基礎代謝向上によるダイエット効果も期待できる
  • 股関節や骨盤の運動に関与し、安定した立位動作に不可欠
  • スポーツのパフォーマンス向上にも重要

  • 中殿筋
  • お尻の横の膨らみを作る
  • 立位・歩行動作の安定に不可欠
  • 股関節や骨盤の安定に重要
  • スポーツのパフォーマンス向上にも重要

  • 小殿筋

  • 中臀筋をサポートするお尻のインナーマッスル
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連記事

    コメントは利用できません。

    カテゴリー

    3Dシステムの詳細はこちら!

    動画も配信中!

    おすすめカテゴリー記事