関節の動きと可動域

関節の動きと可動域記事一覧

  1. 【顎関節】運動方向(作用とROM)【イラスト図解でわかりやすい運動学と解剖学】

    【顎関節】は頭蓋(頭および顔部分)唯一の可動関節で、摂食および咀嚼、発声などにおいて重要な役割があります。【顎関節(側頭下顎関節)】の運動方向や可動域(ROM)】についてイラスト図解を用いてわかりやすくまとめました。

  2. 関節とは?関節の種類と運動方向(運動面)の基礎知識まとめ

    『関節』の構造がわかると運動がわかる! 【関節】は、骨と骨をつないで人体の姿勢や運動軸を作り、筋肉の収縮による運動方向や可動域を決める重要な要素です。

  3. 【手首・手・手指関節】運動方向(作用とROM)【イラスト図解でわかりやすい運動学と解剖学】

    【手部(手首〜ゆび先まで)】は、片手で27個(両手合わせると54個)構成されていて、それぞれの骨結合ごとに関節面があります。

  4. 【肩甲上腕リズム】肩関節における腕と肩甲骨の動きの関係

    【肩甲上腕リズム】とは、【肩関節複合体(肩甲帯)】作用(運動)おいて、上腕骨と肩甲骨の運動学的相互作用のことです。

  5. 【仙腸関節】運動方向(作用とROM)【イラスト図解でわかりやすい運動学と解剖学】

    【仙腸関節】は、【骨盤】の構成要素でもあり、脊柱(椎間関節)および股関節(下半身)の動きに連動する衝撃を吸収し、姿勢やバランス調整に重要な役割を果たす人体の関節のひとつです。

  6. 【股関節】運動方向(作用とROM)【イラスト図解でわかりやすい運動学と解剖学】

    【股関節】とは、骨盤と大腿骨で構成される関節です。名前の通り、人体の中心にある「股」を構成する大きな関節であり、上半身を支えて姿勢を保持したり、歩行や立位での下半身(脚)運動に大きな役割を果たしています。

  7. 【脊柱(椎間関節)】運動方向(作用とROM)【イラスト図解でわかりやすい運動学と解剖学】

    【背骨(脊柱)】は椎骨同士の関節(椎間関節)が連なった構造で、背骨(脊柱)全体としての運動方向を、頸椎・胸椎・腰椎の構造の違いや動きの特徴を含めて理解することで、正しい姿勢評価やヨガなどの運動メニューが行えるようになります。

  8. 【足関節(足部関節)と足趾関節】運動方向(作用とROM)【イラスト図解でわかりやすい運動学と解剖学】

    【足部(かかとや足首〜足のゆび先まで)】には左右で56個の骨で構成されていて、それぞれの骨結合ごとに関節面があります。

  9. 【膝関節】運動方向(作用とROM)【イラスト図解でわかりやすい運動学と解剖学】

    【膝関節】は、人体最大の滑膜関節で強力な靭帯や軟骨を含む構造になっています。怪我や関節症などを起こしやすい【膝関節】の正常な運動方向についてイラストでわかりやすく解説しています。

  10. 【骨盤】傾きと運動方向(作用とROM)【イラスト図解でわかりやすい運動学と解剖学】

    【骨盤】は上半身と下半身をつなぐ骨構造で、複数の関節や骨構造を含みます。

  11. 【肩関節(肩甲帯)】可動域と運動方向【イラストわかりやすい解剖運動学】

    【肩関節】とは体幹を起点に腕(上肢)を大きく広範囲に動かす関節ですが、運動生理学的に上腕骨・肩甲骨・鎖骨・胸郭(胸骨と肋骨)で構成される4関節の相互作用で働く複合関節です。

  12. 【肩甲骨(胸郭肩甲関節)】可動域と動く方向【イラスト図解でわかりやすい運動解剖学】

    【肩甲骨】は肩関節複合体(肩甲帯)を構成する骨要素のひとつで、上腕骨、鎖骨、胸郭(肋骨)と関節を作っています。

  13. 【肘関節】可動域と運動方向【イラスト図解でわかりやすい運動解剖学】

    【肘関節】は、大きく力強い運動をする肩関節と細かい作業を行う手関節の間にある上肢関節のひとつです。【肘関節】の正常な運動方向や役割についてイラスト図解を用いてわかりやすく整理しました。

おすすめカテゴリー記事