前腕の筋肉

前腕の筋肉記事一覧

  1. 【小指伸筋(前腕後面表層筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【小指伸筋】は「総指伸筋」の内側を走行して、第5指(小指)の独立した伸展運動に作用する筋肉です。【小指伸筋】の解剖学構造をイラスト図解を使ってわかりやすく解説しています。

  2. 【前腕筋肉】種類一覧まとめ【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】

    前腕に筋腹を持つ【前腕筋肉】を一覧にまとめました。【前腕筋肉】は、前腕・手首・手指の運動・調整に作用し、ラケットスポーツ、野球、ゴルフ、家事、腕相撲など手首や前腕の細かい調整やパワー、前腕の太さや形状(見た目)に影響します。

  3. 【示指伸筋(前腕後面深層筋)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【示指伸筋】は、人差し指(示指)の独立した伸展(伸ばす)運動に作用する筋肉で、いわゆる"指す"動作を可能にする筋肉です。【示指伸筋】の構造についてイラストを使ってわかりやすく説明しています。

  4. 【長母指伸筋(前腕後面深層筋)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【長母指伸筋】は、前腕に筋腹を持ちながら長い腱を有して母指の独立した伸展運動に作用する筋肉です。【長母指伸筋】の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  5. 【短母指伸筋(前腕後面深層筋)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【短母指伸筋】は、前腕に筋腹を持ちますが、主に母指の独立した伸展運動に作用する筋肉です。【短母指伸筋】の解剖学的構造をイラスト図解を使ってわかりやすく解説しています。

  6. 【長母指外転筋(前腕後面深層筋)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【長母指外転筋】は、親指の独立した伸展および外転運動に作用し、物を掴む・離すなど手の機能を高めるために重要な筋肉です。【長母指外転筋】の解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく解説しています。

  7. 【回外筋(前腕後面深層筋)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【回外筋】は、前腕後面深層筋群に分類され、前腕回外に作用する筋肉です。【回外筋】の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  8. 【総指伸筋(前腕後面表層筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【総指伸筋】は、指伸筋の中では最強かつ最表層にある筋肉で、4本の指を同時伸展させる唯一の筋肉でもあります。【総指伸筋】の解剖学構造をイラスト図解を使ってわかりやすく解説しています。

  9. 【尺側手根伸筋(前腕後面表層筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【尺側手根伸筋】は、前腕後面表層筋群に分類される筋肉で一番内側にあり、グリップ(握力)を高めたり、ゴルフやバッドスイング、釘を打つ、テニスのバックハンドなど手首での調整が重要な運動で活躍しています。

  10. 【短橈側手根伸筋(前腕後面表層筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【短橈側手根伸筋】は、並走する【長橈側手根伸筋】と協力して、物を掴む動作やテニスのバックハンドなど手首を伸展しながら握力を出すような動作をでよく働く筋肉です。

  11. 【長橈側手根伸筋(前腕後面表層筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【長橈側手根伸筋】は、手首伸展筋群のひとつとして、握力を出すために需要な役割をしている筋肉です。

  12. 【腕橈骨筋(前腕後面表層筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【腕橈骨筋】は前腕後面表層筋群に分類される筋肉ですが、走行も機能もかなり特殊です。主な作用は前腕回内位での肘屈曲で、腕相撲やコップを持ち上げる運動などで大活躍します。

  13. 【長母指屈筋(前腕前面深層の筋肉)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【長母指屈筋】は前腕前面深層の筋肉群に分類され、母指IPの独立した屈曲運動に作用する唯一の筋肉として、握る動作に大きく貢献しています。【長母指屈筋】の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  14. 【方形回内筋(前腕前面深層の筋肉)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【方形回内筋】は前腕前面遠位端に四角の筋腹を持つ筋肉で、前腕回内に作用して様々な日常動作や手首の調整なスポーツなどに貢献しています。【方形回内筋】の構造についてイラストを使ってわかりやすく説明しています。

  15. 【深指屈筋(前腕前面深層の筋肉)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【深指屈筋】は、真上(浅層)にある「浅指屈筋」などと共に指屈筋として強力に作用する前腕に筋腹を持つ筋肉です。【深指屈筋】の解剖学構造をイラスト図解を使ってわかりやすく解説しています。

  16. 【浅指屈筋(前腕前面表層の筋肉)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【浅指屈筋】は、前腕前面浅層の筋肉群に分類され、深層にある「深指屈筋」と共に指の屈筋群として強力に作用する筋肉です。物を握る動作(握力を出す運動)で最も強く働き、しっかりとした筋腹で前腕の形(腕の太さ)にも影響します。

  17. 【尺側手根屈筋(前腕前面表層の筋肉)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【尺側手根屈筋】は上腕骨内側上顆から始まる手首の屈筋群の中では最内側(尺側)にあり、他の筋群と協力して手首の掌屈に作用すると共に手首の尺屈にも強く働きます。

  18. 【長掌筋(前腕前面表層の筋肉)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【長掌筋】は前腕前面表層の筋肉に分類され、握りこぶしを作った時に手首で最も目立つ腱である手掌腱につながる筋肉です。

  19. 【橈側手根屈筋(前腕前面表層の筋肉)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【橈側手根屈筋】は最強の手首屈筋(掌屈筋)で、「腕や手首の繊細な調整」 + 「パワー」が重要なスポーツ(野球・ゴルフ・テニスなど)で重要な役割をしています。

  20. 【円回内筋(前腕前面表層の筋肉)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【円回内筋】は前腕前面表層最外側にある筋肉で、家事やデスクワークなど日常生活でも酷使しがちなため、夕方に手や腕の痺れを感じる場合は、【円回内筋】が悲鳴をあげているかもしれません。

  21. 【肘筋】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【肘筋】は肘関節を伸展させる働き(上腕三頭筋の補助)に加えて、運動時に関節包が関節に引き込まれないように緊張させる肘関節サポーターとしての重要な役割があります。

おすすめカテゴリー記事