顎・咀嚼・舌

咬筋【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【咬筋】は頬骨から下顎骨をつなぐお顔の筋肉で、咀嚼(顎を引き上げて口を閉じ、歯を噛み合わせて咀嚼する)際に作用し、面積も大きくフェイスラインや表情にも影響します。 噛み癖、歯ぎしり、デスクワークのストレスなどで凝り固り正常に機能してい...
顎・咀嚼・舌

外側翼突筋【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【外側翼突筋】の構造について3D動画を使ってわかりやすく説明しています。 【外側翼突筋】は食べ物を噛み砕く咀嚼運動の他、髭剃りなどで顎を前に出す時に活躍しますが、機能低下すると顎がゴリゴリしたり痛みを感じます。 外側翼突筋の概...
顎・咀嚼・舌

内側翼突筋【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【内側翼突筋】の構造について3D動画を使ってわかりやすく説明しています。 口を閉じて歯をかみ合わせ、顎を左右に移動させる運動に作用し、食べ物を咀嚼するときに活躍する筋肉ですが、機能低下すると顎がゴリゴリしたり痛みを感じますし、左右のバ...
顎・咀嚼・舌

顎二腹筋(舌骨上筋群)【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【顎二腹筋】は舌骨を介して前腹と後腹に走行が別れ、顎の下から側頭骨まで走行する開口と嚥下(舌運動)に作用する筋肉。 口を開けたままだと嚥下がしにくいのは、【顎二腹筋】の走行が大きく関係しています。 顎二腹筋のコリをほぐして機能を高めると...
顎・咀嚼・舌

オトガイ舌骨筋(舌骨上筋群)【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【オトガイ舌骨筋】の構造について3D動画を使ってわかりやすく説明しています。 舌骨挙上(嚥下)と咀嚼(開口)に関与する舌骨上筋群のひとつで、舌を前方に突き出す運動にも重要な役割をしてます。 解剖学的構造を理解してトレーニングすることで...
顎・咀嚼・舌

顎舌骨筋(舌骨上筋群)【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【顎舌骨筋】は下顎骨と舌骨を板状に繋ぎ口腔底を形成する筋肉 オトガイ舌骨筋や顎舌骨筋前腹と一緒に嚥下時の口や舌の運動に関与しています。 解剖学的構造を意識したセルフケア(マッサージ・ストレッチ・筋トレ)で嚥下・顎関節機能改善はもちろん...
顎・咀嚼・舌

茎突舌骨筋(舌骨上筋群)【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【茎突舌骨筋】の構造について3D動画を使ってわかりやすく説明しています。 【茎突舌骨筋】は、顎二腹筋後腹とほぼ並行に側頭骨から舌骨に走行し、嚥下時に顎二腹筋後腹と共同して舌骨をやや後方に挙上します。 茎突舌骨筋の概要 ...
足・足趾

母趾内転筋(足の筋肉)【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【母趾内転筋】は、足の縦アーチにも横アーチにも関与している足裏の筋肉です。 日頃から【母趾内転筋】の解剖学的構造を理解したセルフケアをすることで、外反母趾や扁平足を予防し、歩行や立位動作のパフォーマンス向上(膝や腰への負担軽減など)につ...
下腿

長母趾伸筋【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【長母趾伸筋】は、前脛骨筋の深部に位置し、母趾のと足関節の運動調整に関与するインナーマッスルで、歩行時に足のつま先がひっかからないようにし、スムースな歩行や重心移動に貢献しています。 【長母趾伸筋】の構造について3D動画を使ってわかりや...
背筋(背中)

横突間筋【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【横突間筋】は、椎骨横突起の間を走行する細い筋肉束で、筋紡錘の数が多く、脊椎間の動きを感知して運動を調整する背骨のセンサーのような働きをするインナーマッスルです。 【横突間筋】について3D動画を使ってわかりやすく説明しています。 ...
背筋(背中)

棘間筋【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

【棘間筋】は、椎骨の棘突起と棘突起を近接させる作用を持つ背骨のインナーマッスル。 非常に小さい筋肉のため、実際には運動を起こすというよりも背骨の安定した滑らかな動きに貢献している【棘間筋】について3D動画を使ってわかりやすく説明していま...
からだの仕組み

骨格筋の収縮と弛緩を理解する2つのポイント

骨格筋の収縮と弛緩により運動や姿勢保持ができますが、勘違いしやすい2つのポイントから筋肉の収縮と弛緩の定義を正しく理解しましょう。 理想通りの筋肉をデザインするためにも必要な知識です。 人体にある3種類の筋肉 人間の身体に...
ダイエット・体重管理

呼吸ダイエットで簡単にシックスパックを作る〜ロングブレスダイエットの効果とは?

辛いトレーニング不要!呼吸を意識するだけで効果的な腹筋トレーニングができます。 24時間休まず続ける呼吸へ意識を向けて、くびれたウエスト、凹んだお腹、自慢したいシックスパックやA4腹筋を簡単に作りませんか? 腹筋を鍛える医学的な...
からだの仕組み

意識障害鑑別方法〜原因、症状、回復、種類(分類)や評価方法も!

「意識」は私たちの意図的な活動の前提となる脳機能です。 意識が正常な状態と意識障害の判別、意識の程度を客観的に状態を把握できる評価(指標)について整理してまとめました。 意識がある状態とは 「意識」がある状態は以下のように...
病気の教科書

脳ヘルニアとは〜種類、症状、兆候、余命、回復などの簡単まとめ

「脳ヘルニア」は、何らかの病変や原因により局所的に頭蓋内圧が亢進した結果、脳の一部がゆがんだり偏倚したりする状態(組織が正しい位置からはみ出した病態)で、中枢神経系の正常な構造に影響を与えるため、重篤な神経障害や意識障害をきたします。 ...
病気の教科書

【脳腫瘍】【脊髄腫瘍】とは〜中枢神経に腫瘍ができる原因、症状、治療法、余命などまとめ

中枢神経(脳と脊髄)系に発生する腫瘍の【分類】【症状】【検査・診断・治療】について整理してまとめました。 人体の司令塔である脳と脊髄(中枢神経系)に影響する範囲に腫瘍ができると、生命維持や身体機能の制限や停止に直結するため、早急な対応...
病気の教科書

中枢神経(脳と脊髄)の炎症性・化膿性疾患の症状や治療法などのまとめ

中枢神経(脳と脊髄)の炎症性・化膿性病変の【原因・症状】【検査・診断】【治療・予後】について整理してまとめました。 【髄膜炎】【ウィルス性脳炎】【亜急性硬化性全脳炎】【進行性多巣性白質脳症】【ヒトTリンパ球向性ウィルス脊髄炎】【神経梅...
病気の教科書

多発性硬化症とは〜症状、治療、診断基準、進行速度や余命など簡単にまとめ

多発性硬化症は、神経細胞の軸索を覆っている「ミエリン」が障害(脱髄)される疾患で、【難病】に指定されています。 多発性硬化症の【症状】【原因・病理】【検査・診断】【治療・予後】について整理してまとめました。 多発性硬化症の由来...
病気の教科書

プリオン病とは〜脳みそを食べるとどうなる?原因や症状、感染予防ガイドライン

プリオン病とは、大脳や小脳などの中枢神経系に異常なプリオン蛋白が蓄積して脳機能が障害され、脳組織の海綿(スポンジ)状変変性を特徴とする疾患群です。 社会問題として広く認知された狂牛病と呼ばれる牛海綿状脳症(BSE)、人間に発症するヒトプ...
病気の教科書

AIDS(エイズ)とは〜特徴、エイズ感染経路や感染率、潜伏期間と初期症状、HIVとエイズの違いなど

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染が適切に治療されないことが原因で生じる、後天性免疫不全症候群(エイズ・AIDS)の【症状】【原因・病理】【検査・診断】【治療・予後】について整理してまとめました。 後天性免疫不全症候群(エイズ...
病気の教科書

【重症筋無力症】とは〜初期症状、禁忌、原因、治療、予後、リハビリ、ALSとの違い

重症筋無力症は、神経と筋肉が接する場所(神経筋接合部)の障害により、神経から筋肉への指令が伝わりにくくなるため、筋肉に力が入らなくなったり疲れやすくなったりする病気です。 重症筋無力症について、【症状】【原因・病理】【検査・診断】【治...
病気の教科書

【ミオパチー】とは?顔貌、症状、寿命など【ニューロパチー】との違いは?

【ミオパチー】は、筋肉自体に原因があって起こる骨格筋疾患の総称で、全身全て合わせれば人体最大の臓器になり、あらゆる活動(運動)に不可欠な筋肉がやせたり、力が弱くなっていく筋肉の病気です。 筋肉の機能に影響を及ぼす疾患には、【ミオパチー...
病気の教科書

【病理学】とは?病気が発信する異常サインから病気が見えるようになる勉強法

病理学は病気の原因や発生機序を明らかにしていく学問で、正常の身体の構造や仕組みを理解した上で病理学を学べば、病気のサインに早く気がつけるため、早期に適切な対処ができます。 病理学と正常の人間の仕組みを学んで、病気が発信する異常サインを...
病気の教科書

脳性麻痺とは?先天異常とは?原因、症状、種類、リハビリ、赤ちゃんから大人までのリハビリなど

先天異常(出生前に要因あり)、出生前後の障害、および新生児(生後4週間以内)までの間に生じた障害についての概要と、疾患例として【ダウン症候群(21トリソミー)】【二分脊椎(脊柱管閉鎖不全症)】【分娩損傷】【脳性麻痺】の概要を整理してまと...
脳と神経

記憶力をあげる方法 〜「記憶にございません」の真相を脳科学で説明

そもそも積極的に「忘れる」仕組みになっている脳を理解し、嫌なことや不要なことだけ忘れて、本当に必要なことだけを効率よく記憶する【記憶力を高める脳科学に基づく効果的な方法】を整理してまとめました。 記憶は3種類 生物学的・脳...
ストレスと心のケア

不機嫌な高齢者が急増!【脳の老化と幸福度の関係】〜世界幸福度ランキングで日本は?

怒りっぽい高齢者やキレるお年寄りのニュースや体験談をよく聞くようになりましたが、高齢者は本当に若者よりも起こりっぽいのでしょうか? 脳の仕組みや年齢による変化、社会の仕組みなどからその真相を紐解いていき、キレやすい高齢者への適切な接し...
ダイエット・体重管理

【腹式呼吸】【胸式呼吸】とは〜やり方や使う筋肉の違いと効果比較

【腹式呼吸】と【胸式呼吸】ってどっちがいいの? 普段無意識に行っている呼吸を意識的に整えれば、体幹を整え、姿勢を整え、ケガ予防、疲労の軽減、精神安定、集中のコントロール効果が期待できます。 呼吸の解剖学 呼吸とは私たちが外...
健康管理

正しい情報がわかる!もう迷わない!惑わされない!情報時代のデータ読み方

様々な情報が錯綜している現代では、情報(データ)自体に嘘がなくても、データ(情報)の読み方・解釈・推測を誤ったり早まったりすれば、パニックに巻き込まれています。 データを正しく読めれば、どんな時も冷静な判断で適切な行動を選べるようになり...
健康管理

健康維持は貯金と同じ!病気予防とセルフメンテナンスでお得な人生!

生活習慣とは時間とお金の使い方なので、人を病気にすることもできれば貧乏にすることもできます。 病気のほとんどが生活習慣病と言われる現代では、お金と時間の使い方の観点から生活習慣を見つめてみると健康を維持するモチベーションが見えてくるか...
3D筋トレ解剖学

自宅トレーニングに最適!【マウンテンクライマー】有酸素運動効果 & 体幹筋トレ【3D筋トレ動画】

マウンテンクライマーは、プランクの姿勢を保ちつつ脚を左右交互に前に出す筋力トレーニング。 【体幹強化+有酸素運動】のいいところどりのエクササイズで、自宅でも場所を取らずにでき、1日数分のトレーニングで効果を実感できるので、忙しい現代人に...
3D筋トレ解剖学

寝ながらできる腹筋トレ・骨盤調整〜ヒップアップ・姿勢改善に効果あり!【3D筋トレ動画】

美しい姿勢の土台である骨盤と背骨の柔軟性を高め、骨盤底筋群・臀筋を鍛えて締まったヒップを作りつつ、しっかり腹筋のトレーニングができる寝たままエクササイズを紹介します。 うつ伏せで関節運動が少なく、ターゲットマッスルに集中しやすいので、リ...
3D筋トレ解剖学

「三角筋と上腕三頭筋」を効果的に鍛える腕立て伏せ【ダイヤモンド(ナロー)・プッシュアップ】とは【筋トレ動画】

ダイヤモンドプッシュアップは、上腕三頭筋と三角筋(前部)をターゲットにした腕立て伏せです。 二の腕の引き締めたり、負荷を強くして太い上腕や肩を作って逆三角形ボディメイクに有効です。 ダイヤモンド(ナロー)・プッシュアップ【3D動...
3D筋トレ解剖学

正しいスクワットとは〜効果がでるやり方とフォーム(姿勢)【3D筋トレ動画】

下半身の筋トレの代名詞「スクワット」ですが、解剖学的に正しく理解して行わないと効果がないだけでなく、膝や腰を痛めてしまうケースも。 下半身の筋トレの代名詞「スクワット」の動きを解剖学的&運動学的な視点で3D動画を使って解説します。 ...
3D筋トレ解剖学

正しい腕立て伏せ・「大胸筋を鍛える」のプッシュアップ 【3D筋トレ動画】

腕立て伏せやプッシュアップを、どの姿勢で、どの筋肉にどんな刺激が入っているか意識して行っていますか? ターゲットとなる筋肉とポジショニングを意識しないと間違った運動になりやすい「腕立て伏せ(大胸筋をターゲットするプッシュアップ)」につい...
3D筋トレ解剖学

シットアップやクランチだけじゃない!正しい腹筋トレーニング【3D筋トレ動画】

ダイエットやボディメイク目的で人気の腹筋を鍛える筋力トレーニングを正しく効果的に行えていますか? 鍛えるべき筋肉に正しく効果的な刺激を入れて、理想のくびれやシックスパックを手に入れるために、3D動画で正しい腹筋トレーニング方法を確認しま...
3D筋トレ解剖学

プランク(前腕プランク)【3D筋トレ・解剖学】正しく理解したい体幹強化トレーニングの基本姿勢!【3D筋トレ動画】

フロントブリッジとも呼ばれる前腕プランクは体幹強化に最適。 まずは正しい姿勢をマスターし、保持できる時間を伸ばしていきましょう。 基本を正しくマスターすれば、様々な応用トレーニングでより自分の希望にあったボディメイクを楽しめるようになり...
3D筋トレ解剖学

【バードドッグ(ハンドニー)】〜体幹バランストレーニング【3D筋トレ動画】

バードドッグは、プランク同様に体幹の筋肉をバランスよく強化できる筋トレ。 四つ這いの姿勢から行い、負荷を調整しやすいためリハビリからハードなコアトレまで幅広く応用できます。 まずは基本の姿勢とターゲットマッスルを3D動画で理解し、結果が...
関節の動きと可動域

肩関節の動きとは〜可動域と運動方向【3D動画でわかりやすい解剖学・運動学】

可動域の広い肩関節の正常な運動方向について3D動画でわかりやすく解説しています。 肩関節の解剖学的特徴 上腕骨・肩甲骨・鎖骨・胸郭で構成され、上肢の粗大運動を作る関節。 肩甲骨の関節窩というほぼ平面のへこみに上腕骨の上...
関節の動きと可動域

仙腸関節とは〜動き(動かし方)とずれ【3D動画でわかりやすい解剖学・運動学】

仙腸関節の正常な運動方向について3D動画でわかりやすく解説しています。 仙腸関節の解剖学的特徴 仙腸関節は、脊柱を構成する仙骨の耳状面と寛骨(腸骨)の耳状面で構成され、体重を脊柱から寛骨へ伝える役割があります。 不規則...
関節の動きと可動域

骨盤の傾きとは〜骨盤の運動方向【3D動画でわかりやすい解剖学・運動学】

骨盤の正常な運動方向について3D動画でわかりやすく解説しています。 「骨盤矯正」の流行りでよく聞くようになった骨盤は、姿勢保持と内臓保護の観点からとても重要な人体の構成要素。運動方向を理解して骨盤の歪みを予防・改善しましょう! ...
関節の動きと可動域

膝関節とは〜運動方向と可動域【3D動画でわかりやすい解剖学・運動学】

膝関節の正常な運動方向について3D動画でわかりやすく解説しています。 膝関節の解剖学的構造 大腿骨、下腿の骨(頸骨・腓骨)、膝蓋骨によって構成される関節。 骨的な結合が弱いため、靭帯などの軟部組織や筋肉で関節を補強し、...
関節の動きと可動域

肘関節の運動方向【3D動画でわかりやすい解剖学・運動学】

肘関節の正常な運動方向について3D動画でわかりやすく解説しています。 肘関節の解剖学的特徴 上腕骨と前腕の骨(橈骨・尺骨)によって構成される関節。 上腕骨の凹と尺骨の凸部分が結合しているので、運動の方向が限定されます。...
関節の動きと可動域

股関節の運動方向【3D動画でわかりやすい解剖学・運動学】

股関節の正常な運動方向について3D動画でわかりやすく解説しています。 構造を理解することで、X脚やO脚の予防改善にも役立ちます。 股関節の解剖学的特徴 寛骨の寛骨臼という深めの臼に、大腿骨の骨頭という丸い球状の部分が結...
関節の動きと可動域

脊柱(背骨)の運動方向〜「背骨が曲がる」「背骨を伸ばす」とは?【3D動画でわかりやすい解剖学・運動学】

人体の大黒柱。姿勢を評価する上でも骨盤と同様に非常に重要な要素である、背骨(脊柱)の正常な運動方向について3D動画でわかりやすく解説しています。 重い頭を直接支え、頭(顔)の運動方向に直接関与する頸椎の動きと背骨全体の運動に分けて説...
姿勢(首こり・猫背・腰痛対策)

【なで肩】と【いかり肩】の違い〜肩こりの治し方と筋トレ方法〜

なで肩やいかり肩などの肩型によって肩こりの原因や解消方法は異なります。 なで肩やいかり肩は、見た目の問題だけでなく、だる重い・カチカチ肩こりやジンジンと痺れて痛い頚肩腕痛などの原因になりますので、自分の肩型を含めた原因を正しく見極めて...
筋膜のつながり

アナトミートレイン〜背面筋膜のつながり(SBL)を3D動画で〜

長時間のパソコンワークやスマホなどで猫背が続くと肩こり・腰痛・目の奥がだるい....などと連鎖的に体調不良が起こりますし、目の疲れから全身がどんより重くなることもあります。 筋膜のつながり(アナトミートレイン)を理解すると何故そうなる...
筋膜のつながり

筋膜とは何?筋膜リリースや筋膜はがしとは?簡単に解説【わかりやすい3D筋膜解剖】

「筋膜リリース」や「筋膜はがし」という言葉が流行していますが、そもそも「筋膜」とはどんな構造や役割を持っているものなのか正しく理解しておかないと機能改善は期待できません。 「筋膜」の構造や仕組みがわかれば、何故「筋膜」が私たちの姿勢や活...
3Dストレッチ解剖学

【ツイスト】バラドヴァージャアーサナ I(Bharadvaja’s Twist)【ヨガの3D解剖学】

バラドヴァージャアーサナIは、代表的なツイストポーズのひとつで、背骨のしなやかな動きを促しつつ腹部マッサージ効果もあり、全身の血流改善や内臓機能改善など様々な健康・美容効果が期待できます。 背骨や筋肉解剖学的構造を理解しつつ、ひとつひと...
姿勢(首こり・猫背・腰痛対策)

パソコン姿勢を評価!肩こり・腰痛・首こり解消【3D解剖学・運動学】

毎日椅子に座って長時間パソコンに向かい、気がつけば肩こり・首こり・腰痛に悩んでいるあなたへ贈る3D解剖学動画付き解説です。 肩こり・首こり・腰痛の原因は普段の姿勢にあることが多いので、正しく解剖学的構造を理解して根本解決しませんか? ...
姿勢と連動

長坐位 ・正坐 ・割り座・あぐらの違い【座り方(坐法)の3D解剖学】

【座る】動作は、日常の中でも頻回かつ長時間行う動作なので、正しい姿勢を作れると、体幹強化、ストレッチ効果も期待できますが、姿勢が悪いと特定の場所に過剰な負荷がかかることで、肩こり・首コリ・腰痛の原因にもなってしまいます。 今回は...
3Dストレッチ解剖学

【ブリッジ】〜猫背解消ストレッチ& 美尻筋トレ〜呼吸を深め高い全身リフレッシュ効果

【ブリッジ】は、特に胸郭を広げて呼吸も深くなるので、現代人の猫背になりがちな姿勢矯正に最適なポーズ。 背骨周りの筋肉やインナーユニットに持続的な刺激が入り体幹を強化し、頭が心臓より下になるポーズなのでリフレッシュにも最適! 骨盤底筋群や...
姿勢(首こり・猫背・腰痛対策)

胸椎から肩こり・首こり・腰痛を解消 【3D 解剖学・運動学】

姿勢の悪さが原因で肩こり・首こり・腰痛が生じますが、症状の出ている首回りや腰回りだけにアプローチしていませんか? 肩こり・首こり・腰痛が慢性化してしまっている場合、キーになるのは胸椎です。 胸椎の役割に重点をおいた姿勢評価と肩こり・首こ...
姿勢(首こり・猫背・腰痛対策)

肩こり・首こり・腰痛解消にはマッサージよりも筋トレが効果的な理由

慢性的な肩こり・首こり・腰痛を根本的に解消したい! マッサージや整体に通い続ける時間もお金ももったいないから、効率よくセルフメンテナンスしたい! 多くの現代人が悩むこの問題。ちょっと視点を変えるだけで、簡単に根本解決できます! ...
冷え性対策・体温を上げる方法

「手が温かい人は心も温かい」理由を医学的に解説

「手が温かい人は心が冷たい」または「手が冷たい人は心が温かい」と言われることがありますが、医学的には「手が温かい」人は「心が温かい」確率が高いと言えます。 「手の温かさと心の温かさの関係」と「手が温かいことのメリット」を医学的に考えま...
眼精疲労対策・視力回復

眼科医がコンタクトを止めた理由 

最前線で働く眼科医がそれまで使っていたコンタクトレンズの使用を止めました。コンタクトレンズは医療機器なので、眼科医の処方がなければ使えません。コンタクトレンズを処方する立場の眼科医が自身でコンタクトレンズを使うことを止めた理由は一体何だ...
姿勢(首こり・猫背・腰痛対策)

背骨のS字カーブはなぜ必要?背骨と骨盤で評価する良い姿勢

背骨のS字カーブはなぜ必要?重心線って何?背筋の伸びた良い姿勢とは、背骨や骨盤がどんな状態になっていることかを3D動画を使って説明します。 姿勢評価は背骨と骨盤の理解から始めましょう。 美しい姿勢の基礎要素 美しい姿勢を維...
スポーツ・競技・アスリート

清原和博選手にケガが多かった理由からわかる筋肉の正しい鍛え方

清原選手に怪我が多かった理由は筋肉の鍛え方に問題があったからだと言われていますが、その問題とは一体なんだったのでしょうか? 筋肉は鍛え方次第で見た目も運動機能もデザインできます。ただし、目的にあった筋肉にデザインするには正しい解剖学や運...
3Dストレッチ解剖学

その【背伸び】では肩こり・腰痛が悪化する?【正しいストレッチ】とは?

現代人のほぼ全員が悩んでいる【肩こりと腰痛】 前屈みで長時間パソコンに向かう姿勢 長時間スマートフォンを使って下を向いている姿勢 慢性的な運動不足... これらの習慣が肩こりや腰痛が現代病となる大きな要因となっているのは、良く知...
姿勢(首こり・猫背・腰痛対策)

足のアーチと足趾運動で外反母趾や扁平足を予防改善する方法

足の裏や足趾の運動に関与する筋肉を鍛えて足のアーチ(土踏まず)を正常に保ち、足のゆびが自由に動かせるようになると、扁平足や外反母趾などの足の問題の予防・改善はもちろん、腰痛や肩こりも解消し、疲れにくく効率よく動ける身体が作れます。 足...
からだの仕組み

【生理学】と【解剖学】の違い

生理学と解剖学の違いについて解説します。 生理学と解剖学の定義 生理学と解剖学の違いを説明する前に、まず解剖学と生理学の定義や歴史をそれぞれみていきましょう。 解剖学の定義 「解剖」を文字通り解釈すると...
からだの仕組み

身体のデザインやメンテナンスの必須知識【解剖学をシンプルに】

解剖学の本質はとてもシンプル。 理想の身体をデザインし、病気や怪我を予防するための必須の知識:解剖学って一体何なのかをわかりやすく説明します。 解剖学は人体の設計図 解剖学は医学を学ぶ学生が最も苦戦する科目のひとつ。 全て...
からだの仕組み

ムーンウォークとロボットダンスの違いからわかる小脳の機能

マイケルジャクソンのムーンウォークとロボットダンスの違いは、小脳の働きを理解すると説明できます。小脳の機能と小脳障害によって生じる症状を結びつけて理解しましょう。 マイケルジャクソンのムーンウォークとロボットダンスの違い ...
ダイエット・体重管理

良い習慣貯金で年齢に負けない身体作りをしよう!

気に入らない太めの体型、肩こり・首こり・慢性的な体調不良、気になる肌荒れやニキビ、薄毛や白髪....年齢や遺伝のせいにして改善する努力を諦めていませんか? いくつになっても、どんな人でも、「自分は変われる!」 と自信と確信を持てるような...
健康管理

【疲れやすい人】と【疲れ知らずの人】の違い

「疲れが抜けにくい」「無理がきかない」「いつも疲れてる」....疲れやすさや疲れ回復の遅さが原因で慢性的に疲れている人が増えています。 年齢を重ねても元気で疲れ知らずの人もいれば、若くてもなんだかずっと疲れているような人もいます。 ...
病気の教科書

【中枢性麻痺と末梢性麻痺】上位運動ニューロンと下位運動ニューロンの違い~ 

中枢性麻痺(上位運動ニューロン障害)と末梢性麻痺(下位運動ニューロン障害)に大きく分けて運動麻痺を分類しています。上位運動ニューロンと下位運動ニューロンの違いと合わせて整理しましょう。 運動麻痺は損傷部位や損傷の仕方によって症状の出方...
ストレスと心のケア

【社会的時差ボケ】を解消!スッキリ目覚めて充実した1週間にする方法

「週末にしっかり寝ているはずなのに疲れが抜けない」「いつも忙しい割りに仕事が捗らない」と感じているなら、1週間のスケジュールの組み立てに問題があり、【社会的時差ボケ】になっているかもしれません。 人間の生体リズムに合わせて朝気持ちよく...
からだの仕組み

中枢神経(脳・脊髄)血流の仕組み

人間のあらゆる活動の司令塔として24時間365日休まず働く脳と脊髄(中枢神経)は膨大なエネルギーを消費するため、常に安定した血流が必要です。 脳や脊髄にエネルギーや酸素を供給し、活動に際して生じた老廃物を受け取り運んでくれる経路となる...
病気の教科書

脳卒中とは?【脳血管障害の症状と原因部位】

『脳卒中』とは脳血管障害を総称した通称で、大きく【脳出血】と【脳梗塞】の2つに分類できます。 脳血管障害の原因や症状の特徴について整理してまとめました。 脳血管障害の分類 脳血管障害(脳卒中)は大きく以下の2つに分類できま...
からだの仕組み

こころの病気(精神疾患)は脳の障害〜心と身体のつながりを意識して健康維持

【病は気(心持ち)から】と昔から言われていますが、心と身体が密接に繋がっているということは現代医学でも説明ができます。 なぜなら、心も体も人間のあらゆる機能の司令塔は【脳】であり、私たちの考え・行動など活動全てが脳で制御されているからで...
からだの仕組み

コンタクトやレーシックに頼らない本当の視力回復法【視力の仕組みとよくある勘違い】

モノは目で見ているのはありませんし、視力はメガネ・コンタクト・レーシックでは回復しません。 【モノを見る仕組み(視力)】【視力低下の原因】【人生を豊かにする視力回復方法】について整理してまとめました。 視力が良い方が人生が楽し...
からだの仕組み

脳脊髄液循環~脳を保護する仕組み~

脳脊髄液は脳を保護する仕組みのひとつで、硬い頭蓋骨と柔らかい脳の隙間を埋めるように存在することで、脳自体に栄養を与えながら緩衝材の役割も果たしています。 脳脊髄液の仕組みと循環障害(水頭症)について整理してまとめました。 脳脊...
からだの仕組み

排尿の仕組み〜排尿に関わる器官と神経〜

排尿とは体内の老廃物を尿として体外に排出することで、排尿をコントロールしているのは脳を含めた神経系です。 排尿の仕組みと排尿に関わる器官や神経の働き、排尿の神経経路の問題で起こる排尿障害(神経因性膀胱)について整理してまとめています。...
ストレスと心のケア

【筋トレは1番効果的な脳トレ】高齢者の交通事故問題も現代脳疲労も解決できる筋トレとは?

脳トレと筋トレはまったく別のものだと思っていませんか? 筋トレには様々なアプローチ方法がありますが、脳の機能や神経伝達を一緒に鍛える必要があるため【筋トレ=脳トレ】と考えたほうが合理的です。 筋トレと脳トレの関係 近年「...
からだの仕組み

反射の種類とみかた【命を守る迅速な神経回路の仕組み】

「反射神経が良い」とか「反射的に逃げた」とか反射という言葉は日常生活でも使われますが、医療の現場では、膝蓋腱反射や対光反射など【反射を神経学的検査】としてみます。 『反射』のメカニズムと種類を整理してまとめました。 ちなみに、「反射神...
病気の教科書

大脳基底核の役割とパーキンソン病【症状】【原因・病理】【検査・診断】【治療】【予後】

パーキンソン病について【症状】【原因・病理】【検査・診断】【治療】【予後】と5つの観点に分け、キーとなる大脳基底核の役割とともに説明しています。 パーキンソン病の【症状】 1817年にイギリスのジェームス・パーキンソン...
理念

世界一安い?日本の医療費や人件費の背景

日本の医療費は世界一安く、医師や医療従事者の給料は今後も下がり続けます。 日本の医療保険制度の問題点から、今後自分の身体と健康を守るために必要なものは何か、考えてみてください。 日本の医療費が安い理由 日本の医療費はとても安いで...
健康管理

【酷暑と冷えすぎが同居する夏】を健康的に乗り切る方法

地球温暖化で毎年深刻化している【熱中症】問題に加えて、【冷房病】という冷え問題もある過酷な夏。 年々平均気温は上昇して猛暑が続く期間も長くなり、外の暑さにバテてしまうだけでなく、冷房がききすぎた室内との温度差や冷えにより体調を崩す人も増...
スポーツ・競技・アスリート

将来スポーツ選手になるためにはできるだけ低年齢から始めた方がいい?

オリンピックに出場したり、プロスポーツ選手になったり、将来活躍するスポーツ選手になるためには、とにかく小さい頃から本格的な練習を始めることが重要だと思っている人は多いかもしれません。 もちろん低年齢から本格的なトレーニングを始めるメリ...
からだの仕組み

【アレルギー】のメカニズムと根本解消法

現代病ともいわれ、近年急速に罹患者が急増している【アレルギー】 医療系や飲食関係だけでなく、美容院などでもアレルギーの有無を確認されますし、食品にはアレルギーの可能性のある原材料はきちんと明記されています。 花粉症は、罹患していない人...
病気の教科書

【身体を折り曲げると楽になる腹痛】と【ならない腹痛】の違い

お腹が痛くなると【お腹を抱えて身体を折り曲げた姿勢】になりますよね。 でもなぜ私たちは、お腹が痛くなると自然と身体を曲げるんでしょうか? 身体を曲げてみたら少し腹痛がおさまる....試行錯誤の上得た経験が意識的・無意識的に記憶にあるの...
健康管理

【頭痛の特徴と原因】【現代人に最も多い頭痛と正しい解消法】

頭は身体の司令塔である「脳」が収まっている人体の中でも最も重要な場所のひとつ。 そして、「頭痛」は、脳卒中(脳出血・脳梗塞)など重篤な病気のサインでもあるので、どうしても過剰に心配になってしまいますよね。 実際、脳神経外科を訪れる患者...
からだの仕組み

スマホ時代の正しい眼精疲労・近視対策

多くの現代人が悩んでいる眼精疲労や視力低下(近視・乱視)の本当の原因を理解して、効果的に改善・予防しませんか? 正しく眼精疲労対策をすれば、老け顔・クマ・疲れ顔も解消して、生き生きとした毎日が送れます。 眼精疲労の本当の原因 ...
からだの仕組み

バナナの皮ですべる理由でわかる【関節の仕組み】〜イグノーベル賞を受賞した研究!

身近なものに例えるとことで医学はずっと身近な知識になります。 イグノーベル賞を受賞した研究【バナナの皮が滑る理由と関節の滑らかな動きの関係】に興味がありますか? イグノーベル賞(物理学賞)を受賞したバナナの皮の研究 バナナの皮で...
からだの仕組み

お母さんのお腹の中で赤ちゃんができる過程から理解する人体の構造

私たちはみんなお母さんのお腹の中から生まれてきます。 受精した卵子が人間の身体になるまでの過程を理解すると、健康管理に重要なものもよくわかります。 受精から生まれるまでの過程 私たちの命は精子と卵子が結合することろから始まります。...
病気の教科書

【レントゲン】【CT】【エコー】【MRI】画像診断比較(長所・短所)

病気やケガの診断、腫瘍や病変の早期発見などに重要な役割を果たす画像診断の仕組みや特徴にを整理。 【レントゲン(X線)検査】【エコー(超音波検査)】【CT(コンピューター断層撮影)】【MRI(磁気共鳴画像法)】の仕組みと長所・短所をまとめ...
からだの仕組み

体温を上げるとほとんどの体調不良が改善する

体温は、健康を示すバロメーターとしてとてもわかりやすい指標です。 かつて細菌やウィルスへの対策が不十分だった時代には高熱=死であり「熱が高いこと」が恐れられていましたが、現代においてはむしろ「低体温」の方が問題になっています。 「低体...
からだの仕組み

血圧の仕組み〜【健康寿命】を伸ばして2025年も元気な日本へ

多くの高齢者が問題視する【高血圧】を改善するために必要なのは【降圧剤】ではありません。 血圧の仕組みを正しく理解して【高血圧】を予防改善し、【健康寿命】を伸ばしましょう。 寿命よりも【健康寿命】 日本国の経済を大きく圧迫し...
からだの仕組み

別腹だって楽しめる!食事を変えると人生が変わる(栄養学不要!)

食事は健康・美容だけでなく人生にダイレクトに影響しますが、実態のない机上計算だけの栄養学に偏るのは危険です。 医学的にもその存在が確認された別腹だって楽しめる、人生を豊かにする食事の考え方をまとめました。 人は食べたもので作ら...
からだの仕組み

摂食嚥下のメカニズム〜【食べる】5つの工程

「食べる」ことは「生きる」こと。 「人は食べたもので作られる」と言われるほど健康にダイレクトに影響しますし、おいしい食事を誰かと一緒に楽しむことで精神的な安定や豊かな人間関係を育むことにもつながりますし、そしてもちろん日々の楽しみとして...
からだの仕組み

【肉体年齢】を決める水分量の真実〜筋肉も骨もほとんどが水分!

肉体年齢を決める重要な視点のひとつとして体内の70%を占める水分に注目する必要があります。 水分量が多いほど若い印象を与えるのは、赤ちゃんとお年寄りの肌を比較すると容易にイメージがつくかと思いますが、人体の約7割が水分というのは知識と...
理念

人生の質を上げるために1番大切なこと

西洋医学のジョーク 【自分が専門とする領域の病気にならなければ、患者の人生などどうでも良い】 【健康であれば死んでも良い】 医療の専門家は、病気を診て対処する専門家であるけれど、人生の土台となる健康を維持する方法を教えることはでき...
ストレスと心のケア

年齢を重ねるほど早く過ぎ去ってしまう1年を充実させる方法

アッという間に過ぎていく1年、そして年々その1年が短く感じる....と感じることはありませんか? 1年はいつも同じ365日なのに、なぜ年齢を重ねると1年が速く過ぎ去るように感じるのでしょうか? 日々を充実させて、毎年「良い1年だった」...
からだの仕組み

痛みには『温める』と『冷やす』どっちが効果的?

『痛み』はとても辛くて不快なので、痛みを伴う症状に対してはできるだけ早く対処をしたいですよね。 痛みの対処法として『温める』と『冷やす』があると思いますが、『痛み』を伴う辛い症状に対して、温めた方がいいのか、それとも冷やした方がいいのか...
からだの仕組み

筋肉痛の遅れは老化のサイン?〜筋肉痛発生と年齢時差のメカニズム

久しぶりに運動をした時やダイエットやボディメイク目的で新しい筋トレやトレーニングメニューを導入した時、翌日すぐに筋肉痛を実感する場合と3日後くらいに筋肉痛になる場合があります。 そして、翌日に筋肉痛が来るのは若い証拠で、筋肉痛を感じるま...
ダイエット・体重管理

達成できる目標設定の3つのポイント

ダイエットや体質改善など目標を設定して取り組む人が多いと思いますが、達成できる人と達成できない人には目標設定の時点から差があります。 少しでも理想に近づけるように、目標の設定の仕方から見直してみましょう。 目標を達成できない人...
からだの仕組み

ため息は最高のリカバリーショット!

ため息は酸素カプセルや水素吸入よりも効果的かつ無料のリカバリー&リラックス機能です。 「ため息をすると幸せが逃げて行く」といいますが、これは「悩んでもいいことないよ」というマインド的なアドバイスで、人間の身体的機能側面から考えた時に【...
理念

これからの時代に役立つ教育と正しい医学の学び方

健康を維持するということは、『医学=自分の身体に対する問題解決能力を身につける』こと。 効果的に結果を出す学び方は学校でも学習でも、健康維持するための医学の学び方でも同じです。 結果が出る人と出ない人の違い 講師や教員の...
からだの仕組み

【足す】から【引く】へ発想を変えると代謝が上がり健康になる

健康状態を改善しようと思った時、一生懸命何かを足そうとしていませんか? その努力が健康状態を悪化させている原因かもしれません。 「やめる」「やらない」引き算の視点が、現代の健康維持、そしてダイエット効果を高める代謝アップに重要です。 ...
からだの仕組み

予防接種してもインフルエンザにかかるのは何故?新型コロナなどウィルス性感染症から自分を守る方法

新型コロナウィルス(COVID-19)は、何故これほど世界的に広がり混乱を招いているのでしょうか?また、かかっても軽症で済む人と重症化してしまう人がいるのは何故なのしょうか? インフルエンザや風邪も新型コロナ同様にウィルス性の感染症で...
ストレスと心のケア

成功者に多く分泌されている神経伝達物質とは?3大神経伝達物質とメンタルの関係

【成功者】といわれる社会的に大きな功績を残している人は、ある神経伝達物質の分泌量が非常に多いそうです。 人体の活動は全て脳と神経によってコントロールされていますが、神経を伝って情報が伝達されるためには神経伝達物質が不可欠です。 神経伝...
タイトルとURLをコピーしました