筋肉各論

筋肉各論記事一覧

  1. 【甲状舌骨筋(舌骨下筋群)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【甲状舌骨筋】は、嚥下時の舌骨引き下げの他、高音を出す時の咽頭の動きにも作用します。【甲状舌骨筋】の解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  2. 【胸骨甲状筋(舌骨下筋群)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【胸骨甲状筋】は舌骨下筋群深層部の筋肉で、甲状腺など頸部の神経血管および腺など重要な多数の器官と隣接しています。【胸骨甲状筋】の解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  3. 【肩甲舌骨筋(舌骨下筋群)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【肩甲舌骨筋】は、二つの筋腹を中間腱を介して結合して肩甲骨から舌骨まで走行している筋肉で、嚥下後に舌骨と咽頭を押し下げて嚥下中に閉じた気道を再開通する役割があります。

  4. 【胸骨舌骨筋(舌骨下筋群)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【胸骨舌骨筋】は舌骨を鎖骨と胸骨に接続し、嚥下中に挙上された舌骨を元の位置に戻して気道(呼吸)を再開する作用があります。【胸骨舌骨筋】の解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  5. 【虫様筋(手内在筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【虫様筋】は、屈筋腱から起始して伸筋腱に停止するユニークな構造の筋肉で、中手指節関節(MCP)の屈曲と指節間(IP)関節の伸展に作用します。【虫様筋】解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  6. 【小指伸筋(前腕後面表層筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【小指伸筋】は「総指伸筋」の内側を走行して、第5指(小指)の独立した伸展運動に作用する筋肉です。【小指伸筋】の解剖学構造をイラスト図解を使ってわかりやすく解説しています。

  7. 【小趾対立筋(足の筋肉)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【小趾対立筋】は、足底外側部にある小さな筋肉で第5趾の外転と屈曲に作用します。【小趾対立筋】の構造についてイラスト動画を使ってわかりやすく説明しています。

  8. 【短母趾伸筋(足の筋肉)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【短母趾伸筋】は足背筋群最内側の筋肉で、「長母趾伸筋」や「短趾伸筋」と一緒に働いて、歩行やランニングの際につま先が地面に引っかからないように作用しています。

  9. 【短趾伸筋(足の筋肉)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【短趾伸筋】は足背筋肉群に分類される筋肉で、他の筋肉群をサポートしながら、足趾(つま先)伸展に作用しています。【短趾伸筋】の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  10. 【足底筋(下腿後面の筋肉)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【足底筋】は、「腓腹筋」とほぼ同じ走行で「腓腹筋」深層を走行する細長い筋肉です。【足底筋】 の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  11. 【錐体筋】ストレッチと筋トレのための【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

    【錐体筋】は、白線の両側にある三角形の小さな筋肉で、「腹直筋」と共に腹壁を強化して内臓を保護したり、腹圧が必要な活動(呼吸・排泄・発声など)を司る役割があります。

  12. 【肋下筋】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【肋下筋】は、内肋間筋と同じ走行で2-3肋骨をまたぐように走行している呼吸補助筋(胸郭深層筋)です。【肋下筋】の解剖学的構造イラスト図解を用いてわかりやすく解説しています。

  13. 【胸横筋】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【胸横筋】は胸郭前面深層で、胸骨と肋骨を繋ぐように走行している呼吸補助筋です。【胸横筋】の解剖学的構造イラスト図解を用いてわかりやすく解説しています。

  14. 【鎖骨下筋】筋トレやストレッチのための【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

    【鎖骨下筋】は鎖骨下にある小さな筋肉ですが、鎖骨を肩甲帯に安定させ、鎖骨下の神経や血管を守る役割があります。【鎖骨下筋】の解剖学的構造イラスト図解を用いてわかりやすく解説しています。

  15. 【肋骨挙筋】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(起始停止や作用)

    【肋骨挙筋】は、胸郭背面で胸椎と肋骨をつなぐように走行する小さな呼吸補助筋で、背筋最深層部にあります。【肋骨挙筋】はについてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  16. 【ローテーターカフ(回旋筋腱板)】とは?「棘上筋」「棘下筋」「小円筋」「肩甲下筋」筋肉解剖学(起始停止・作用)

    【ローテーターカフ(Rotator Cuff)】とは、4つの筋肉:「棘上筋」「棘下筋」「小円筋」「肩甲下筋」で肩甲上腕関節を包み込むような腱板構造のことです。

  17. 【表情筋(顔の筋肉)種類まとめ】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学

    【表情筋】(表情を作る顔の筋肉)は20種類以上あり、顔の印象は表情筋の使い方やコンディション(柔軟性や筋力)で大きく変わります。

  18. 【頭の筋肉まとめ】種類と構造〜イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学

    頭皮(フケや匂い対策)や髪の毛(抜け毛、薄毛、白髪予防など)トラブルのケアについては熱心な人でも、【頭の筋肉】のケア(コリ解消)はピンと来ないかもしれません。

  19. 【側頭筋】頭痛や噛み合わせ問題解消マッサージの正しいやり方【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】

    【側頭筋】は、側頭から下顎骨を引き挙げ咀嚼運動(口を閉じる)で活躍する側頭部ある面積の広い筋肉です。

  20. 【後頭筋】眼精疲労や頭のコリをリフレッシュする方法【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】

    【後頭筋】は、頭部後面にある筋肉で、筋膜を介して表情や目を閉じる運動などに作用します。【後頭筋】機能が低下すると目を閉じにくくなったり、逆に過緊張状態が続くと頭痛や歯痛、目尻のシワ増加、眼精疲労につながる場合があります。

  21. 【前頭筋】おでこのシワをほぐすマッサージのやり方【表情筋イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

    【前頭筋】は、眉毛を挙上しておでこに横皺を作る筋肉で、考え事や心配事が多かったり、パソコン作業やスマホの長時間使用で緊張して硬直しやすい傾向があります。

  22. 【帽状腱膜】ケアで頭皮・髪・顔のトラブル解消【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】

    【帽状腱膜】は、人体最上部にある筋膜で、頭頂部から後頭部にかけて帽子のように頭蓋骨を覆っています。頭部の筋肉である前頭筋・後頭筋・側頭筋と直接的につながり、足裏から背面を通る背面筋肉のつながり(SBL)の上端でもあります。

  23. 【大殿筋】筋トレとストレッチのための【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

    【大臀筋】は、お尻の丸みと脚と境目を作る人体最大のアウターマッスルす。歩行、ランニングなどの運動に大きな力を発揮する他、姿勢保持においても骨盤と股関節を安定させる重要な役割があります。

  24. 【大腿筋膜張筋】ストレッチと筋トレのための【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】

    【大腿筋膜張筋】とは、骨盤前外側面に筋腹があり、大腿筋膜や腸脛靭帯と結合して骨盤安定や股関節運動に大きな影響を及ぼす筋肉です。

  25. 【深層外旋六筋】イラスト図解!ストレッチとトレーニングのための【筋肉解剖学(作用や起始停止)】

    【深層外旋六筋】とは、お尻の深層にあるインナーマッスル6筋:【梨状筋】【内閉鎖筋】【外閉鎖筋】【下双子筋】【上双子筋】【大腿方形筋】の総称です。

  26. 【縫工筋】ストレッチとトレーニングのための【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】

    【縫工筋】は腸骨から大腿前面を斜めに脛骨内側部まで走行する人体最長の筋肉で、股関節(骨盤)と膝関節運動に作用します。

  27. 【大腿(太もも)筋肉】全種類まとめ【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】

    大腿(太もも)にメインとなる筋腹がある筋肉は、前ももの筋肉(膝関節伸筋群:大腿四頭筋)、後もも(膝関節屈筋群:ハムストリング)、内もも(股関節内転筋群)の3つに大きく分けられます。

  28. 【股関節内転筋群】内ももの筋肉【ストレッチと筋トレのためのイラスト図解剖学】

    【股関節内転筋群】とは大腿(太もも)内側(お腹側)にある5筋:「恥骨筋」「長内転筋」「短内転筋」「大内転筋」「薄筋」の総称です。

  29. 【大腿四頭筋】前ももの4つの筋肉【ストレッチと筋トレのためのイラスト図解剖学】

    【大腿四頭筋】とは、大腿前面(太ももの前側)にある4筋:「大腿直筋」「中間広筋」「外側広筋」「内側広筋」の総称です。

  30. 【ハムストリング】ダッシュや柔軟に重要なもも裏筋肉【ストレッチと筋トレのためのイラスト図解剖学】

    【ハムストリング】とは太もも裏側に筋腹がある3筋(4頭):「大腿二頭筋」「半腱様筋」「半膜様筋」の総称です。

  31. 【腸腰筋】を正しく鍛えて100歳まで腰が曲がらず元気に歩く!【腸腰筋ストレッチと筋トレのためのイラスト図解剖学】

    【腸腰筋】は上半身と下半身をつなぐ唯一の筋肉であり、最強の股関節屈筋として強い力を発揮したり、立位姿勢保持筋としても重要な役割をしています。

  32. 【腹直筋】割りたい腹筋【わかりやすいイラスト筋肉解剖学と正しいトレーニングのやり方】

    【腹直筋】とは、一般的に腹筋と呼ばれるお腹前表面にあるシックスパックや腹部縦ラインとして意識されている魅せ筋肉(アウターマッスル)の正式名称です。

  33. 【骨盤底筋とは?】ヨガとトレーニングのための【筋肉解剖学(作用と起始停止)】

    骨盤底筋ヨガ、骨盤底筋を鍛えるグッズなど骨盤底筋トレーニングや骨盤底筋体操が女性のみならず男性にも人気ですが、【骨盤底筋】とはどんな問題を解決してくれるどんな筋肉でしょうか?【骨盤底筋】の解剖学構造(起始停止)や作用を意識し...

  34. 【前鋸筋】筋トレやストレッチのための【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

    【前鋸筋】は、肋骨から脇の下を経由して肩甲骨へと走行する鋸状のインナーマッスルで、肩甲骨を肋骨面に安定させる姿勢筋として、呼吸を補助する呼吸筋として、そして、ボクサーのパンチ、野球のピッチング、バレーボールのスパイク時などのように腕...

  35. 【僧帽筋】筋トレやストレッチのための【イラスト図解ででわかりやすい筋肉解剖学(起始停止や作用)】

    【僧帽筋】とは、肩甲骨周囲から背中上部と首後面まで菱形状に覆う大きな筋肉で、肩や腕の運動に強力に作用します。

  36. 【肋間筋(外肋間筋・内肋間筋・最内肋間筋】肋骨を動かす呼吸筋【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

    【肋間筋】とは肋骨間を埋める様に走行している筋肉で、胸郭を広げたり狭めたりして横隔膜を補助する呼吸(補助)筋です。【肋間筋】についてイラスト図解(解剖図)を使ってわかりやすく説明しています。

  37. 【横隔膜】呼吸筋 & 最強コアマッスル【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(起始停止と働き)】

    【横隔膜】とは、膜という名称がついていますが胸郭と腹腔を隔てる位置にあるメインの呼吸筋(骨格筋)であり、インナーユニットとして運動や姿勢維持でも最もコア(中心)になる筋肉です。

  38. 【棘間筋(頸棘間筋・胸棘間筋・腰棘間筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【棘間筋】は、椎骨棘突起と直上の棘突起を近接させる作用を持つ背骨のインナーマッスルで、最深層にある小さい筋肉ながら姿勢調整と背骨の安定に重要な役割を果たしています。

  39. 【横突間筋(内側横突間筋・外側横突間筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【横突間筋】は、椎骨横突起間を走行する細い筋肉束で、筋紡錘の数が多く脊椎間の動きを感知して運動を調整する背骨のセンサーのような働きをする最深層部にあるインナーマッスルです。

  40. 【長母趾伸筋(下腿前面の筋肉)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【長母趾伸筋】は、「前脛骨筋」「長趾伸筋」の間にある細い筋肉で、母趾と足部関節の運動調整に作用することで、歩行時に足のつま先がひっかからないようにし、スムースな歩行や重心移動に貢献しています。

  41. 【短母趾屈筋(足の筋肉)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【短母趾屈筋】は、足裏の母趾球を構成する筋肉のひとつで、足の縦アーチ形成や母趾屈曲運動に作用して、安定した立位や歩行をサポートしている筋肉です。【短母趾屈筋】の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  42. 【母趾内転筋(足の筋肉)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【母趾内転筋】は、足の縦アーチにも横アーチにも関与している足裏内側にある筋肉です。【母趾内転筋】の解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく解説しています。

  43. 【茎突舌骨筋(舌骨上筋群)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【茎突舌骨筋】は、側頭骨と舌骨をつなぐように走行し、嚥下や呼吸時の舌骨および舌の動きに作用します。【茎突舌骨筋】の解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  44. 【顎舌骨筋(舌骨上筋群)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【顎舌骨筋】は口腔底を構成するシート状の筋肉で、口腔底と舌骨を挙上と下顎の引き下げに作用して咀嚼嚥下をサポートしています。【顎舌骨筋】の解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  45. 【オトガイ舌骨筋(舌骨上筋群)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【オトガイ舌骨筋】は、舌骨挙上(嚥下)と咀嚼(開口)に関与する舌骨上筋群のひとつで、舌を前方に突き出す運動にも重要な役割をしてます。【オトガイ舌骨筋】の解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  46. 【顎二腹筋(舌骨上筋群)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【顎二腹筋】は名前の通り二腹で顎の下から側頭骨まで走行し、咀嚼嚥下の補助筋として作用します。【顎二腹筋】の解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  47. 【足と足趾の筋肉】種類一覧まとめ【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】

    足部(足底と足背)内在筋肉を一覧にまとめました。全身を支える足において重要な土踏まず(足のアーチ)を構成したり、二本足歩行を獲得した人間特有の機能を調整し高めるために重要な役割をしている筋肉群です。

  48. 【咀嚼嚥下(顎・舌・喉)筋肉】種類一覧まとめ【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】

    咀嚼嚥下や発声など口腔と喉を介した運動に作用する側頭部・顎・舌・喉(頸胸部深層)の筋肉をまとめました。それぞれの筋肉の起始・停止・作用・神経支配などは各筋肉の詳細ページをご確認ください。

  49. 【外側翼突筋】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【外側翼突筋】は「側頭筋」と「咬筋」の深層で蝶形骨と顎関節をつなぐように走行していて、顎関節を保護しながら咀嚼運動に作用します。【外側翼突筋】の解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  50. 【内側翼突筋】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【内側翼突筋】は下顎骨内側から下顎を内側から強く引く軸を作るような走行で、他の咀嚼筋群と相乗的に作用して咀嚼運動を円滑にする様々な下顎の動きに作用します。

  51. 【咬筋】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【咬筋】は頬骨と下顎骨をつなぐ咀嚼筋(顎を引き上げて口を閉じ、歯を噛み合わせて咀嚼する時に作用)で、特に閉口に強力に作用します。【咬筋】の解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  52. 【掌側骨間筋(手内在筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【掌側骨間筋】は、「背側骨間筋」 「虫様筋」と共に中手骨を埋める手内筋として関節を安定させつつ、指の内転筋としても強力に作用します。【掌側骨間筋】の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  53. 【背側骨間筋(手内在筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【背側骨間筋】は、手背の中手骨間を埋めるように走行する4つの筋腹を持つ手の内在筋肉で、第2指〜4指を外転して指の間を広げ、「パー」の形を作る運動でよく働きます。

  54. 【小指外転筋(小指球筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【小指外転筋】は小指球最内側の筋肉で、小指の独立した外転および屈曲に作用して指を広げて大きな物を掴む時などに活躍します。【小指外転筋】の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  55. 【小指対立筋(小指球筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【小指対立筋】は小指球を構成する筋肉のひとつで、母指対立筋と一緒に作用して小指と親指を近づける運動(対立)に作用します。【小指対立筋】の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  56. 【短小指屈筋(小指球筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【短小指屈筋】は、「小指外転筋」「小指対立筋」と共に小指球(掌小指側の膨らみ)を形成する筋肉で、主に小指屈曲に作用します。【短小指屈筋】の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  57. 【母指内転筋(母指球筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【母指内転筋】は、母指(親指)を示指(人差し指)に近づけたり指の間を閉じるときに活躍する筋肉です。【母指内転筋】の構解剖学造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  58. 【母指対立筋(母指球筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【母指対立筋】は、母指球の最外側(橈側)にある筋肉で母指と他の指を合わせる(対立させる)運動に作用し、物を掴むときに活躍します。【母指対立筋】の構解剖学造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  59. 【短母指屈筋(母指球筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【短母指屈筋】は、母指球(親指下にある掌の膨らみ)を構成する筋肉のひとつで、母指を単独で屈曲させかつ掌側へ引き込む作用があり、親指を握り込む「グー」の手を作る時や物を掴むときなどに活躍します。

  60. 【短母指外転筋(母指球筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【短母指外転筋】は、親指の独立した外転運動(他の指や掌から離す)に作用する筋肉で、スマホ操作で現代人は酷使しがちです。【短母指外転筋】の構解剖学造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  61. 【前腕筋肉】種類一覧まとめ【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】

    前腕に筋腹を持つ【前腕筋肉】を一覧にまとめました。【前腕筋肉】は、前腕・手首・手指の運動・調整に作用し、ラケットスポーツ、野球、ゴルフ、家事、腕相撲など手首や前腕の細かい調整やパワー、前腕の太さや形状(見た目)に影響します。

  62. 【示指伸筋(前腕後面深層筋)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【示指伸筋】は、人差し指(示指)の独立した伸展(伸ばす)運動に作用する筋肉で、いわゆる"指す"動作を可能にする筋肉です。【示指伸筋】の構造についてイラストを使ってわかりやすく説明しています。

  63. 【長母指伸筋(前腕後面深層筋)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【長母指伸筋】は、前腕に筋腹を持ちながら長い腱を有して母指の独立した伸展運動に作用する筋肉です。【長母指伸筋】の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  64. 【短母指伸筋(前腕後面深層筋)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【短母指伸筋】は、前腕に筋腹を持ちますが、主に母指の独立した伸展運動に作用する筋肉です。【短母指伸筋】の解剖学的構造をイラスト図解を使ってわかりやすく解説しています。

  65. 【長母指外転筋(前腕後面深層筋)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【長母指外転筋】は、親指の独立した伸展および外転運動に作用し、物を掴む・離すなど手の機能を高めるために重要な筋肉です。【長母指外転筋】の解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく解説しています。

  66. 【回外筋(前腕後面深層筋)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【回外筋】は、前腕後面深層筋群に分類され、前腕回外に作用する筋肉です。【回外筋】の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  67. 【総指伸筋(前腕後面表層筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【総指伸筋】は、指伸筋の中では最強かつ最表層にある筋肉で、4本の指を同時伸展させる唯一の筋肉でもあります。【総指伸筋】の解剖学構造をイラスト図解を使ってわかりやすく解説しています。

  68. 【尺側手根伸筋(前腕後面表層筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【尺側手根伸筋】は、前腕後面表層筋群に分類される筋肉で一番内側にあり、グリップ(握力)を高めたり、ゴルフやバッドスイング、釘を打つ、テニスのバックハンドなど手首での調整が重要な運動で活躍しています。

  69. 【短橈側手根伸筋(前腕後面表層筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【短橈側手根伸筋】は、並走する【長橈側手根伸筋】と協力して、物を掴む動作やテニスのバックハンドなど手首を伸展しながら握力を出すような動作をでよく働く筋肉です。

  70. 【長橈側手根伸筋(前腕後面表層筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【長橈側手根伸筋】は、手首伸展筋群のひとつとして、握力を出すために需要な役割をしている筋肉です。

  71. 【腕橈骨筋(前腕後面表層筋)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【腕橈骨筋】は前腕後面表層筋群に分類される筋肉ですが、走行も機能もかなり特殊です。主な作用は前腕回内位での肘屈曲で、腕相撲やコップを持ち上げる運動などで大活躍します。

  72. 【方形回内筋(前腕前面深層の筋肉)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【方形回内筋】は前腕前面遠位端に四角の筋腹を持つ筋肉で、前腕回内に作用して様々な日常動作や手首の調整なスポーツなどに貢献しています。【方形回内筋】の構造についてイラストを使ってわかりやすく説明しています。

  73. 【長母指屈筋(前腕前面深層の筋肉)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【長母指屈筋】は前腕前面深層の筋肉群に分類され、母指IPの独立した屈曲運動に作用する唯一の筋肉として、握る動作に大きく貢献しています。【長母指屈筋】の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  74. 【浅指屈筋(前腕前面表層の筋肉)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【浅指屈筋】は、前腕前面浅層の筋肉群に分類され、深層にある「深指屈筋」と共に指の屈筋群として強力に作用する筋肉です。物を握る動作(握力を出す運動)で最も強く働き、しっかりとした筋腹で前腕の形(腕の太さ)にも影響します。

  75. 【深指屈筋(前腕前面深層の筋肉)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【深指屈筋】は、真上(浅層)にある「浅指屈筋」などと共に指屈筋として強力に作用する前腕に筋腹を持つ筋肉です。【深指屈筋】の解剖学構造をイラスト図解を使ってわかりやすく解説しています。

  76. 【尺側手根屈筋(前腕前面表層の筋肉)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【尺側手根屈筋】は上腕骨内側上顆から始まる手首の屈筋群の中では最内側(尺側)にあり、他の筋群と協力して手首の掌屈に作用すると共に手首の尺屈にも強く働きます。

  77. 【長掌筋(前腕前面表層の筋肉)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【長掌筋】は前腕前面表層の筋肉に分類され、握りこぶしを作った時に手首で最も目立つ腱である手掌腱につながる筋肉です。

  78. 【橈側手根屈筋(前腕前面表層の筋肉)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【橈側手根屈筋】は最強の手首屈筋(掌屈筋)で、「腕や手首の繊細な調整」 + 「パワー」が重要なスポーツ(野球・ゴルフ・テニスなど)で重要な役割をしています。

  79. 【円回内筋(前腕前面表層の筋肉)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【円回内筋】は前腕前面表層最外側にある筋肉で、家事やデスクワークなど日常生活でも酷使しがちなため、夕方に手や腕の痺れを感じる場合は、【円回内筋】が悲鳴をあげているかもしれません。

  80. 【上腕筋肉】種類一覧まとめ【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】

    【上腕筋肉】とは、上腕(肩と肘の間)に筋腹を持ち、肘関節や肩関節の保護や運動に作用する筋肉群です。【上腕筋肉】を一覧にし、それぞれの筋肉の起始・停止・作用・神経支配などは各筋肉の詳細ページで確認できるようにまとめました。

  81. 【上腕三頭筋】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【上腕三頭筋】は腕の裏側(二の腕)にある唯一の筋肉で、面積も大きいので、柔軟性や筋力が低下すると腕のたるみだけでなく前側の筋肉に引っ張られ猫背や肩こりなどの原因にもなりがちです。

  82. 【肘筋】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【肘筋】は肘関節を伸展させる働き(上腕三頭筋の補助)に加えて、運動時に関節包が関節に引き込まれないように緊張させる肘関節サポーターとしての重要な役割があります。

  83. 【上腕筋】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【上腕筋】は、力こぶの筋肉として有名な「上腕二頭筋」以上に肘屈曲に強力かつ常時作用する前腕前部の筋肉です。【上腕筋】の解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  84. 【上腕二頭筋】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【上腕二頭筋】は、肘を曲げて、手を顔や頭に近づけたり物を持ち上げたりする人間として生きていくために欠かせない活動をはじめ、大きく厚い筋肉なので腕の見た目(ボディビルディングやボディメイク)やスポーツパフォーマンスにも大きく影響します...

  85. 【烏口腕筋】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【烏口腕筋】は、肩甲骨から上腕前面に向かって走行する細長い筋肉で、肩関節の安定と運動に作用しています。【烏口腕筋】の解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  86. 【下腿(膝下)筋肉】種類一覧まとめ【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(起始停止・作用)】

    【下腿(膝下)に筋腹を持つ筋肉】を一覧にまとめました。【下腿(膝下)筋肉】は、二本足動物としてのパフォーマンスを高めるために重要な役割をしています。

  87. 【第三腓骨筋(下腿前面の筋肉)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【第三腓骨筋】は下腿前外側下方にある小さな筋肉で、内反位にひっぱられやすい足首のバランスを調整し捻挫予防や立位動作安定に貢献している筋肉です。【第三腓骨筋】の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  88. 【長腓骨筋と短腓骨筋(下腿外側面の筋肉)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【長腓骨筋と短腓骨筋】は下腿外側面にある二本足歩行動物である人間固有に進化した筋肉群で、内反優位になりがちな足部関節を安定させ、不安定な場所での立位バランス保持や捻挫予防に非常に重要な役割があります。

  89. 【長趾伸筋(下腿前面の筋肉)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【長趾伸筋】は、下腿(スネ部分)前側にある筋肉のひとつで、足部と足趾に作用して、歩行時などに足のつま先が床にひっかからないように調整してくれています。

  90. 【前脛骨筋(下腿前面の筋肉)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【前脛骨筋】は、下腿前面(スネ部分)外側から母趾骨へ走行して、主に足首や足部の運動に作用します。【前脛骨筋】の解剖学構造についてイラスト図解を用いてわかりやすく解説しています。

  91. 【長趾屈筋(下腿後面の筋肉)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【長趾屈筋】は下腿後面深層の筋肉に分類され、名前の通り足趾屈曲運動を起こす筋肉で、立位バランスや歩行などの運動に重要な役割があります。【長趾屈筋】の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  92. 【長母趾屈筋(下腿後面の筋肉)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【長母趾屈筋】は、ふくらはぎの深層に筋腹を持ち、足裏を経由して母趾まで伸びている筋肉で、歩行のしなやかさやダッシュのときの蹴り出す力に作用します。

  93. 【後脛骨筋(下腿後面の筋肉)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【後脛骨筋】は、ふくらはぎ(下腿後面)最深層にある筋肉で、足のアーチや足首の安定に作用して立位での全身バランス調整に重要な役割があります。【後脛骨筋】 解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく解説しています。

  94. 【膝窩筋(下腿後面の筋肉)】イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)

    【膝窩筋】は膝関節を安定させつつ、ロックした膝を解除(屈曲開始)に作用する筋肉で、立位保持やスムースな歩行や動作開始に重要な役割があります。【膝窩筋】 の構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明しています。

  95. 【下腿三頭筋(腓腹筋とヒラメ筋)】ふくらはぎの筋肉【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

    【腓腹筋とヒラメ筋】は【下腿三頭筋】と呼ばれ、「ふくらはぎ」の形を決めるアウターマッスルであり、アキレス腱になって踵に付着し、立位・歩行動作はもちろん、循環や全身の健康にも関与しています。

  96. 【骨盤とお尻の筋肉】名前と種類一覧まとめ【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】

    股関節(上半身と下半身をつなぐ関節)および骨盤周囲に筋腹を持つ筋肉とお尻の筋肉(臀筋)を一覧にまとめました。

  97. 【中殿筋】ストレッチと筋トレのための【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

    【中殿筋】とは横のお尻の膨らみを作っている筋肉で、立位・歩行時に骨盤を安定させる重要な作用があります。中臀筋を正しい鍛え方でトレーニングすると、骨盤を安定させ、脚があげやすくなるので転倒予防や腰痛対策にも有効です。

  98. 【小臀筋】ストレッチとほぐし方のための【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

    【小臀筋】とは、臀筋群の中では一番深層にある小さい筋肉です。同じく臀筋群に含まれ、お尻の横側で立位や方向時の骨盤安定に重要な役割をする中臀筋の深層部に覆われるように存在し、中臀筋をサポートするように作用します。

おすすめカテゴリー記事